海外転勤先で訴訟を継続できますか?

海外転勤先で訴訟を継続できますか?
古い友人が(日本国内の)金融機関に勤めているのですが、言いがかりのようなクレーム(損失が出たのは友人のアドバイスのせいだ)で、友人個人を被告とした民事訴訟に発展しそうだとの事です。
ちょうど友人は来春からシンガポールの支店に転勤が決まっておりました。友人は中堅でかなりリーダシップがある人材であり、会社側も、仮に訴えられたとしてもシンガポール支社への転勤を行いたいと考えているようです。
必要があれば、訴訟になった場合に契約する代理人弁護士さんとオンラインで訴訟関係のやり取りをし、本人の出廷が必要な場合のみ、日本に帰国して行うのはどうかとの事です。

先生方への質問
1 仮に友人が訴えられた場合、上記のような形で訴訟を継続する事は(法的に)可能でしょうか?
2 訴訟になった場合1-2年続くかも知れませんが、その間友人が日本に帰国する(出廷など?)必要があるのは、何回(それぞれ何日)くらいありますでしょうか?

なにとぞ宜しくお願いします。
2019年07月19日 17時53分

みんなの回答

棒田 洋平
棒田 洋平 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 石川県1
ありがとう
> 1 仮に友人が訴えられた場合、上記のような形で訴訟を継続する事は(法的に)可能でしょうか?
可能です。全く問題ありません。
> 2 訴訟になった場合1-2年続くかも知れませんが、その間友人が日本に帰国する(出廷など?)必要があるのは、何回(それぞれ何日)くらいありますでしょうか?
どうしてもご本人に出廷してもらう必要がある場面は,ご本人について尋問が行われるタイミングだと思います。通常は,1回だけ(1日だけ)です。
尋問も必ず実施されるわけではありませんので,一度も裁判所に出廷することなく裁判が終わることもあります。
尋問以外は,代理人が代わりに出廷すれば足ります。

2019年07月19日 18時03分

松尾 裕介
松尾 裕介 弁護士
国際・外国人問題に注力する弁護士
ありがとう
1 仮に友人が訴えられた場合、上記のような形で訴訟を継続する事は(法的に)可能でしょうか?

可能です。

2 訴訟になった場合1-2年続くかも知れませんが、その間友人が日本に帰国する(出廷など?)必要があるのは、何回(それぞれ何日)くらいありますでしょうか?

当事者尋問を行う場合には、本人が出る必要がありますが、そうでなければ、本人は出席する必要はなく、代理人により対応可能です。

2019年07月19日 18時04分

相談者
素晴らしく明快なご回答をありがとうございました。

当事者尋問を行う事について、例えば友人の主張は書類などで裁判所に提出しているかと思うのですが、それについて裁判官が聞きたい事がある場合に実施されるという理解でよろしいでしょうか。

また「尋問を行うので出廷せよ」という通知?は一般に出廷日のどれくらい前に送達されるものでしょうか?つまりシンガポールまで通知が届くまでに数日はかかると思いますので、いきなり来週、などですと対応できないようにも思います。

2019年07月19日 18時27分

棒田 洋平
棒田 洋平 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 石川県1
ベストアンサー
ありがとう
> 当事者尋問を行う事について、例えば友人の主張は書類などで裁判所に提出しているかと思うのですが、それについて裁判官が聞きたい事がある場合に実施されるという理解でよろしいでしょうか。
「裁判官が聞きたい事がある場合に実施される」,それもそうですが,相手方や当方から尋問を申請することがほとんどです。そして,その申請を受けて,裁判官としても話を聞きたいという場合に尋問が実施されます。
また,尋問は,双方が書面による主張のやり取りを十分に行って争点が整理された後,裁判の最終局面で行われるのが通常です。

> また「尋問を行うので出廷せよ」という通知?は一般に出廷日のどれくらい前に送達されるものでしょうか?つまりシンガポールまで通知が届くまでに数日はかかると思いますので、いきなり来週、などですと対応できないようにも思います。
本人が裁判所に出廷しなくてもよいというのは,代理人が本人の代わりに裁判に出席していることが前提です。
尋問の日程についても,ご友人の代理人が,裁判所や相手方と調整して決定しますので,
裁判所から,「尋問がいつになりました」という書面は届きません。
シンガポール在住ということであれば,スケジュールを組めるよう,
2か月程度の余裕をもって尋問の日程を調整してほしい旨,代理人に伝えておくのがいいと思います。

2019年07月19日 19時11分

この投稿は、2019年07月19日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,630名の弁護士から、「国際・外国人問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 逮捕歴のある彼とのハワイ入国について

    彼には10年以上前に窃盗罪で執行猶予つきの有罪になったことがあります。近々ハワイに行く予定になったのですが、ビザなく行く事はできないでしょうか? 旅行の申込みをした後で逮捕歴があるとビザをとらないといけないと知りました。旅行の出発までにビザは間に合わずESTAの所得を逮捕歴をないことにして申請しようとしています。ただ...

  • DVを理由に親を訴えることは可能か

    親が理不尽に暴力をふるったり 人の話を聞かずに勝手に行動し、 私に迷惑をかけたりします。 訴えることは可能ですか?

  • 20年以上前の麻薬による強制退去の再入国

    私の友人の事を相談させてください。 友人は元々日本で生まれたハーフで、国籍は元々海外ですが 20歳過ぎまで日本で生活をしておりました。 詳しい内容は私も分かっていませんが 麻薬の所持?で1か月程品川の方(入国管理局?)で拘束されたのち、強制送還と なったそうです。 現在彼女は60歳を目前にしおており、もう20...

  • 一般日本語学校の払い戻し請求を拒む場合

    東京の日本語学校に通っている学生です。学校法人で通訳専門学校と日本語学校が一生のビルにあるところです。私は日本語学校にはいています。 「一度納入した学費は基本的に払い戻さない」だという学校方針によって次の学期の授業料を戻さないと言われました。 私は去年10月に1.5コースに入り今月に1年目になりますが、最初は1年...

  • 外国人の在留期間の更新と法務大臣の裁量について

    マクリーン事件の判例では外国人の在留期間の更新については、法務大臣には広範な裁量が認められている、というような判断が示されましたが、なぜ「広範な裁量が認められている」等と言い切れるのでしょう? 出入国管理令の条文の文言からあきらかに導けるようなものなのでしょうか?

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

国際・外国人問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。