国外退去予定の外国人の賃貸アパートの契約や再入国、ビザ取得についてなど

公開日: 相談日:2019年06月27日
  • 1弁護士
  • 1回答

ヨーロッパ人の夫がおります。
配偶者ビザを申請しましたが、申請後の不貞や不同居などを理由にビザは不許可になりました。
すでに前のビザの在留期限は切れており、現在退去のためのビザが発行されており、離婚やむなしという状況です。

ここで4つ質問があります。

(1)アパートの更新について
彼は特定技能1号を取得して再入国することを考えており、現在の部屋はそのまま残すつもりでいます。
7月には退去するにも関わらず、今のアパートの更新が目前ということで、愛人を保証人に更新を計画しております。国外退去予定で、次のビザがいつ発行されるか分からない外国人が、アパートの更新などできるのでしょうか。

(2)イギリスへの入国について
また、彼は母国に帰らず、ロンドンにいく予定です。
同じEU圏内ではありますが、配偶者ビザが不許可になった人がイギリスに入国できるものでしょうか。

(3)日本への再入国について
上記と同じ質問になりますが、日本人配偶者との配偶者ビザが不許可になった外国人が出国した場合、日本への再入国は可能なのでしょうか。もしイギリスの入国が拒否された場合、それは日本への再入国に影響するでしょうか。

(4)特定技能1号の取得について
入管への心象としては、素行の悪い外国人として記録されていると思いますが、その場合別のビザ、たとえば特定技能1号などは技能試験と日本語能力検定試験さえパスし、雇用先さえ決まれば無条件に許可されるのでしょうか。

以上、宜しくお願い致します。

816261さんの相談

回答タイムライン

この投稿は、2019年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す