逮捕歴がある人のアメリカ旅行

逮捕歴がある場合のアメリカ旅行について。

2年前に詐欺罪で逮捕されました。相手の方と示談が成立し、起訴猶予になりました。なので、前科はついていないと思います。

3ヶ月後にアメリカに行こうと思いいろいろ調べていたらESTAをとらないといけない。しかしそこで逮捕されたことがあるかの質問があり、イエスと答えるとESTAが承認されない、とありました。その場合は観光ビザをとる必要があるとのことですが、、

観光ビザをとるときは、自分の犯歴を英訳したものを領事に渡し面接があるようですが。
私の場合ビザをとることは可能でしょうか。
出国してもアメリカで入国拒否になるのは嫌なので、入国できるかどうか日本で知っておきたいです。よろしくお願いします。
2018年07月12日 10時16分

みんなの回答

佐久間 玄任 弁護士
ありがとう
逮捕歴がある場合は、ESTAの取得は無理です。
ビザを申請する必要があります。

ビザを取ることができるかについては領事面接によるとしかお答えできません。アメリカ合衆国当局の判断ですので、正確な回答は困難です。

2018年07月13日 12時37分

この投稿は、2018年07月12日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】転職するとき懲戒処分歴や前科を隠しておくことのリスク

前職で懲戒処分を受けていたり、前科があったりしたとき、転職活動の面接では正直に伝えなければならないのでしょうか。入社して後から発覚した場合、...

この相談に近い法律相談

  • アメリカビザ受領後の旅行での入国について

    7月下旬にJ1ビザを使って渡米予定です。 これからビザ面接を受けます。 6月下旬ごろにどうしてもアメリカへ行かなければならない予定(人に会いに行く)があります。 10日間の滞在予定です。 こういった場合、アメリカJ1ビザ受領後にESTAで入国することは問題ないでしょうか?

  • アメリカでESTA入国拒否後のビザ取得と、他国入国へ影響は?

    この間、ハワイで入国拒否受けました。 ESTAです。 別室で荷物チェック、携帯中身を調べられて、 手錠をかけられ、翌日のフライトまで、 留置場に一晩入れられ、指紋を取られ強制送還です。 理由は - 片道しかチケットをもっていなかった。 - 友達のメールの一部にアメリカの雇用サイトを貼り付けられていた。 - アメリカに...

  • アメリカのビザ、ESTA申請の犯罪歴に窃盗の微罪処分はあたりますか?

    先日、窃盗で警察で指紋採取、写真撮影をおこないました。 微罪処分で被害者の方とは示談致しましたが、この度アメリカに出張で行くことになり、ESTAの申請もしくはビザの申請をする必要があります。 微罪処分は犯罪歴の申請をする必要があるのでしょうか。 また、このときの指紋採取などのデータの削除依頼は可能なのでしょうか。

  • 日本で犯罪歴ありのアメリカ人の再入国について

    日本で薬物使用で逮捕歴があるアメリカ人がいます。執行猶予5年です。 そのアメリカ人には日本国籍、認知してる子供がいます。 色々事情があって執行猶予中に日本を出てアメリカに戻ってきました。 外国人だからなのか、アメリカに戻る際に空港で執行猶予中に日本から出る場合は正式な手続きが必要と言われ、3週間入国管理局で拘束...

  • ESTA申請の障害になる犯歴とは?

    ESTA申請に関する相談です。 当方、迷惑防止条例違反で2度逮捕歴(1度目:2005年6月、2度目:2015年10月)があり、 2回とも罰金刑を受けてます。 この状況下で、短期間(1~2週間程度)の米国入国の際、ESTAでも問題ないでしょうか、 それとも商用ビザ(B-1)の取得が必要でしょうか。 ESTA申請時に問われる”犯罪歴”に含まれる...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

国際・外国人問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

国際・外国人問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。