外国人の脱退一時金について

公開日: 相談日:2016年08月29日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

外国人が帰国をして2年以上経過した場合は脱退一時金は
どんな事があっても受け取ることはできないのでしょうか
教えて下さい よろしくお願い致します

480791さんの相談

回答タイムライン

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    外国人が帰国をして2年以上経過した場合は脱退一時金は「どんな事があっても」受け取ることはできないのでしょうか

    下記例外はあります。
    再入国許可及びみなし再入国許可を受けて出国する方については,出国後2年を経過していても,国民年金の被保険者資格の喪失日(再入国許可の有効期間(みなし再入国許可期間)が経過した日)から2年以内であれば請求できます。

    再入国許可及びみなし再入国許可を受けて出国する方へ
    市区町村に転出届を提出したうえで、再入国許可を受けて出国している方は、脱退一時金を請求することができます。
    - POINT 1 -
    転出届を提出していない場合、再入国許可期間内は、原則として脱退一時金を請求することができません。
    再入国許可を受けて出国する方でも、国外へ住所を移す場合には、市区町村へ転出届を提出する必要があります。市区町村へ転出届を提出したうえで、再入国許可を受けて出国している方は、脱退一時金を請求することができます。
    - POINT 2 -
    やむを得ない事由により国外へ住所を移すこととなり、市区町村へ国民年金の資格喪失届を提出した場合は、脱退一時金を請求することができます。
    再入国許可を受けて出国した方が、やむを得ない事由により住所を国外へ移すこととなった場合は、市区町村へ国民年金の資格喪失届を提出する必要があります。この届出を提出した場合に限り、再入国許可の有効期間(みなし再入国許可期間)が経過する前に脱退一時金の請求をすることができます。なお、脱退一時金の請求が可能な期間は、国民年金の被保険者資格の喪失日から2年以内となります。

    原則として、再入国許可の有効期間が経過するまでは国民年金の被保険者とされることから、脱退一時金は請求できません。なお、国民年金の被保険者資格の喪失日(再入国許可の有効期間(みなし再入国許可期間)が経過した日)から2年間が脱退一時金の請求可能期間となります。(再入国許可期限内であっても住民票が消除される場合がありますので、脱退一時金請求の時効起算日についてはご注意ください。)

この投稿は、2016年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す