相手方が在米の場合の損害賠償請求

公開日: 相談日:2022年01月05日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
米国留学に行くことを決め、在米の知人にホームステイさせてもらえないか打診したところ、許可が出たため、渡米に向けてビザ取得や勉強など3ヶ月以上準備してきました。
渡米のタイミングで仕事も辞めることにしていたのですが、直前になって知人がホームステイの受け入れはできないと言ってきました。理由は家族の反対です。
受け入れ不可であれば米国ビザも取得せず別の国に行きたかったですし、仕事もこのタイミングで辞めるつもりはなかったので損害が発生しています。
また、準備を重ねたにもかかわらず直前のキャンセルで時間、体力と金銭を無駄にし精神的苦痛もあります。

【質問1】
先方は在米ですがこのケースで損害賠償請求できますでしょうか。

1100291さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都9位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    先方は在米ですがこのケースで損害賠償請求できますでしょうか。


    この質問は実体法(民法など)上の問題(日本国内にいる者同士だったら請求が認められるのか。)を聞いているのか,手続法(民事訴訟法など)上の問題を聞いておられるのか不明です。

    仮に前者であるとすれば,具体的な事情次第ですが,記載された以外に特段の事情が存しなければ困難と思われます。
    後者については,在米の方に対しても訴状の送達が可能であれば,損害賠償請求は可能です。ただし,訴状他(訴訟委任状以外の)すべての訴訟書類について,和文と英文のものを用意する必要があります。

この投稿は、2022年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す