ESTAでのアメリカ入国に関するご質問

公開日: 相談日:2021年10月06日
  • 2弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

【相談の背景】
昨年、窃盗事件を起こしてしまいました。
すでに被害者の方とは示談が成立し、不起訴処分となっています。

事件前にESTAでの渡航認証を申請してして、承認されている状態なのですが、アメリカへ入国する際の審査が通るのか心配で、御相談させていただきました。

【質問1】
この場合、ESTAでの入国は不可で、VISA取得の必要がありますでしょうか?

【質問2】
警察に事情聴取に行った際に、指紋を取られているのですが、不起訴処分の場合でも、指紋の情報はアメリカに渡っているものなのでしょうか?

1071761さんの相談

回答タイムライン

  • 相談者 1071761さん

    タッチして回答を見る

    早速のご回答を頂き、大変恐縮です。
    ひとまず安心することができました。
    ありがとうございます。

    ちなみに、新井様が弁護された方の中で、同じような境遇で、ESTAの申請のみでハワイやグアム等に行かれた方はいらっしゃいますか?
    具体的な事例があると、より安心できるので、差し支えなければ教えてもらいたいです。

  • 弁護士ランキング
    愛知県2位

    田邊 正紀 弁護士

    注力分野
    国際・外国人問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    【質問1】以下のページに前科がある場合のESTA申請の記入方法が掲載されています。
    https://esta-center.com/criminal-record/index.html
    ここでは、執行猶予中の方も「前科なし」という記入が認められているとありますので、少なくともESTAの取得はできる可能性があると思われます。
    【質問2】一方で、2020年1月に発効した日米重大犯罪防止対処協定(指紋提供に関するPCSC協定)では、起訴猶予となった方の指紋も米国に提供することとなっています。よって、米国があなたの指紋を日本側に請求した場合には、アメリカ側にわたることになります。但し、この協定は、題名からもわかるように重大犯罪(主にテロ等)防止のためのものですので、何でもかんでも指紋照会するというような使い方は予定されていないようです。

  • 相談者 1071761さん

    タッチして回答を見る

    詳細な情報をありがとうございます。
    基本的には不起訴の場合はアメリカ側に指紋情報は渡っておらず、特別に請求されているようなことが無ければ、入国審査などで引っかかって別室に連れていかれるようなことはない、、、という認識でいて問題なさそうでしょうか?

この投稿は、2021年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す