20年前に廃車し忘れた原付の自動車税の支払い義務について

公開日: 相談日:2020年06月16日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

2001年頃に所有していた原付を壊れたままマンションの駐輪場に放置していたら、いつの間にか無くなりました。その後、何も手続きをしませんでした(盗難届も、廃車届も出していない)。
その後、自分が神奈川県>東京都>北海道と転々と引っ越したせいか、納税の通知書などは届いてもいません。
20年が経ちましたが、この件が、今になって心配になっています。相当過去の話なので、原付のナンバーが何番だったか覚えていません。
質問は3点です。
1. 私の無くした原付が現状、自動車税が滞納の状態にあるかどうかを確かめるすべはありますでしょうか。
2. もし、今私が役所に申告した場合、私には自動車税の支払い義務や何らかの罰則(滞納や)はあるでしょうか?
3. 逆に、役所に申告せず、このままの状態でいた場合は何らかの罰則はありますでしょうか。


以上よろしくお願いいたします。

930536さんの相談

回答タイムライン

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    自動車税は、地方税法に基づく普通税ですが(地方税法145条等)、
    地方税は、法定納期限の翌日から起算して五年間行使しないことによつて、時効により消滅します(地方税法18条1項)。
    なので、納税期限から5年間何も来ていなければ、納税義務が時効で消滅しています。
    ただし、消滅時効が完成する前に、行政が告知手続、督促状や催告書の送付などをしていると時効の進行が中断してしまうので(地方税法18条の2)、時効中断のために時効が完成していない可能性もゼロではありません。
    故意に虚偽の申告などをしていない限り処罰されることはないと思われますが、時効が完成しているのか、時効中断のための処置を行政がしているのかは、行政の担当課でなければ分かりません。
    住民票どおりの住所に住み続けているのに、何も通知が来ていないなら、時効が完成している可能性が高いと思われますが、絶対とは言い切れません。時効が完成していない場合、納税額のほか、延滞金がありますが、延滞金の率は自治体や年度によって変わってくるようです。

この投稿は、2020年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す