旅先での入湯税についての質問

公開日: 相談日:2017年03月21日
  • 1弁護士
  • 1回答

サイト経由で、2泊3日で宿泊した際
入湯税の支払いが必要の説明は聞いていました。
1日目の大浴場(温泉)利用後 刺青 があるので
今後の大浴場利用を宿泊施設側から断られたので、従いましたが精算時、2泊分の 入湯税 を請求されました。
質問です
入湯税とは 
施設利用者数=  温泉施設利用者= 
どちらでしょうか?

535315さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    大阪府5位
    タッチして回答を見る

    「第123条 入湯税の税率は、入湯客1人1日について、150円とする」とされているので、入湯していない日については負担しないと思います


    第3章 目的税
    第1節 入湯税
    (入湯税の納税義務者等)
    第121条 入湯税は、鉱泉浴場における入湯に対し、入湯客に課する。
    2 前項の鉱泉浴場とは、温泉法(昭和23年法律第125号)第2条に規定する温泉及び同法の温泉に類するもので鉱泉と認められるものを利用する旅館、料理店、貸間、寮、保養所等及びこれらに類似した行為を行う場所の浴場をいう。
    (入湯税の課税免除)
    第122条 次に掲げる者に対しては入湯税を課さない。
    (1) 年齢15歳未満の者
    (2) 共同浴場又は一般公衆浴場に入湯する者
    (3) 修学旅行を目的とする中学校及び高等学校の団体客
    (入湯税の税率)
    第123条 入湯税の税率は、入湯客1人1日について、150円とする。
    (入湯税の徴収の方法)
    第124条 入湯税は、特別徴収の方法によって徴収する。
    (入湯税の特別徴収の手続)
    第125条 入湯税の特別徴収義務者は、鉱泉浴場の経営者とする。
    2 前項の特別徴収義務者は、当該鉱泉浴場における入湯客が納付すべき入湯税を徴収しなければならない。
    3 第1項の特別徴収義務者は、毎月15日までに、前月1日から同月末日までに徴収すべき入湯税に係る課税標準額、税額その他必要な事項を記載した納入申告書を市長に提出し、及びこの納入金を納入書によって納入しなければならない。
    第126条 削除
    第127条 削除
    (入湯税に係る不足金額等の納入の手続)
    第128条 入湯税の特別徴収義務者は、法第701条の10、第701条の12又は第701条の13の規定に基づく通知を受けた場合においては、当該不足金額又は過少申告加算金額、不申告加算金額若しくは重加算金額を、当該通知書に指定する期限までに、納入書によって納入しなければならない。

この投稿は、2017年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました