1. 弁護士ドットコム
  2. 税務訴訟
  3. 脱税の手伝いについて

公開日:

脱税の手伝いについて

2017年02月18日
以前勤めていた店で閉店後の売上げの計算を任されていました。店長の指示で売上げを平日は5〜10万、土日は20〜30万売上げを除外していました。もちろん脱税と知っていました。この事を税務署に連絡した場合は私自身も、なんらかの罪になりますか?又、罰金などは私自身も払わなくてはならないのでしょうか?
相談者(526001)の相談

みんなの回答

居林 次雄
居林 次雄 弁護士
ありがとう
貴方も、補助罪に問われる恐れがあります。しかし、その命令に従わないと解雇されるというような事情があればあなた、あなたは、罪には問われないと思われます。

2017年02月18日 04時43分

この投稿は、2017年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「納税者は課税庁と対等、裁判でも勝てる」理想掲げ40年、税法学者・三木義一が切り開いてきた道

税法学者の三木義一氏は弁護士としても多くの税務争訟に関わり、異例とも言える「不当を理由にした処分取消し」を実現した経験を持つ。また、政府税制...

挑戦の果てにたどり着いた「領域」 日本初のタックスロイヤー、鳥飼重和氏ロングインタビュー

日本初の「タックスロイヤー」として知られる鳥飼総合法律事務所の鳥飼重和氏。18回目の司法試験に合格、43歳で弁護士登録という遅咲きのスタートであ...

この相談に近い法律相談

  • 脱税についての罰則や罰金、またそこの従業員にも罪は及ぶのでしょうか?

    風俗店の税金の関係です。従業員です。 今年春に始めましたと開業届を税務署に提出済みです。が、実際には提出した際には3年営業しており売上も毎月600万から700万、オーナーは毎月200万近く所得を得て年間にすると2400万円を丸2年と半年位無申告状態です。本日、事務所に管轄税務署の方が3人直接きました。オーナー不在で電話を繋ぎ暫...

  • 給料、歩合、暫定給などについて

    職場の給料等(歩合、暫定給等)について。 当職場は、完全歩合で、売上の35%が従業員の取り分となっています。 つまり、月に25日労働したとして、1日の売り上げが30000円なら10500円、50000円なら17500円という具合です。 しかし、事務所の給料計算日までに、取引先の都合でその売り上げが出ないものもあり、給料日までに売り上げ...

  • 滞納した社会保険料の分割額が売り上げを上回る額を要求されのまざるを得ませんでした。

    6か月分約70万を滞納していました。前年度の担当者は、具体的な方策が決まったら連絡してくださいとアドバイスをいただきました。 しかし、忙しかった上、病気になってしまい連絡を取れずにいました。 先日差押え予告が届き、事務所に出向きました。 担当者が別の人に変わっていて、前任者は転勤したとのこと。 売上台帳を持参し...

  • 犯罪収益防止法違反について(口座売買)

    はじめまして。 お聞きしたいのですが、個人が口座売買を100件やっていたとしてそのうち99件は時効が過ぎていて最後の1件で起訴されて罰金刑となった場合はどうなるのでしょうか? 業とみなされて500万円以下なのでしょうか? それとも100万円以下の罰金なのでしょうか?

  • きのうの続きです。弁護士さん宜しくお願い致します。

    運転代行の職業です。1月18日より会社側から一方的に暫く休みと言われました。1:備品車は会社の車です。2:ガソリンは会社持ちです。3:会社側の無線で仕事の指示をうけて決まった場所(お店・個人宅など)動いています。3:仕事が入らない場合は会社の車が全部同じ指定された場合で待機してます。4:ペナルティ制度があります。会社の車で喫...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

税務訴訟・行政事件に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

税務訴訟の法律ガイド

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

税務訴訟・行政事件の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。