接待交際費の摘要欄の必要な記入事項

公開日: 相談日:2021年04月26日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
接待交際費の精算に客先会社名、参加人数は記載しましたが参加者の氏名を記載する必要がありますか

【質問1】
接待交際費の精算に客先会社名、参加人数は記載しましたが参加者の氏名を記載する必要がりますか
今までの税務調査では指摘無しでした。
もちろん、それに対する税金はきちんと支払済です。

1021038さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都2位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    接待交際費の精算に客先会社名、参加人数は記載しましたが参加者の氏名を記載する必要がりますか

    法人税基本通達9-7-20は、「法人が接待費等の名義をもって支出した金銭でその費途が明らかでないものは、損金の額に算入しない。」としており、一般的には、どこで、誰を接待したか、あるいは、誰に何を贈ったかを明らかにする必要があるとされていますので、基本的には、参加者の氏名を記載する必要があると思いますが、参加者が複数である場合には、参加者のうちの1人の氏名を記載して、他何名という記載でもよろしいと思いますし、客先会社の規模が小規模であれば、客先会社名だけでも費途不明とはされない場合もあるとは思います。

この投稿は、2021年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから