税理士に対する申告報酬の返還請求

公開日: 相談日:2021年04月02日
  • 1弁護士
  • 4回答
ベストアンサー

【相談の背景】
マンション管理組合の理事長をしています。
以前から携帯基地局アンテナの収入があり、税務申告のみ税理士に依頼していました。会計帳簿は全て管理会社が作成しており、税理士とのやり取りもすべて管理会社を通じた書類の受け渡しのみでした。そのため税理士とは面識すらありませんでした。ある時、過去の申告書を確認すると損金がほとんど計上されていないなど多数の誤りが発覚し、毎年税金を過大納付してきたことが分かりました。税務署に相談し更正の請求をして還付を受けましたが、税理士は見解の相違だなどと言うだけで明らかな誤りすら認めず開き直っており、電話にすら出ようとしません。これではいったい何のために報酬を支払ってきたのか分かりません。いい加減な申告書でも作って税務署に出せばそれで仕事をしたことになるのかと怒りが収まりません。

【質問1】
税理士に①更正の請求期間が切れて取り戻せない過払いの税額の賠償②過去の申告報酬の返還請求は可能でしょうか?

1013833さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都9位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > ①更正の請求期間が切れて取り戻せない過払いの税額の賠償②過去の申告報酬の返還請求は可能でしょうか?
    ①について
    法的構成としては、債務不履行または不法行為に基づく損害賠償請求の2つということになろうかと思われます。そして上記が認められるには、税理士の専門家としての注意義務に違反したことによって損害を被った、ということを主張・立証することが必要になるかと思われます。
    ①過払の税額の部分は、本来適切に申告をしていれば支払う必要がなかった点を踏まえると、「損害」として評価できる可能性があると思われます。ご質問からは具体的な事情が定かではありませんが、この「損害」と結びつく当該税理士の(注意義務違反)行為についても必要になります。

    ②について
    申告の報酬は税理士契約に基づいて発生し、報酬の返還は、契約の債務不履行解除によって求めることが考えられます。税理士契約は委任契約であり、委任契約の解除の効果は将来に向かって生じることから、原則として、過去の申告報酬の返還を求めることは訴訟上難しいと言わざるを得ないでしょう。

    上記を踏まえると、任意の交渉で、いかに損害を補填してもらうべく交渉していくかなどという点が重要になるかと思われます。

    ご参考になれば幸いに存じます。

  • 相談者 1013833さん

    タッチして回答を見る

    寺田先生、ありがとうございます。素人は仕事の出来が悪いのだから、支払った報酬もある程度は返してもらえて当然だと考えてしまいがちですが、そう甘くはないのですね。

  • 弁護士ランキング
    東京都9位
    タッチして回答を見る

    > 素人は仕事の出来が悪いのだから、支払った報酬もある程度は返してもらえて当然だと考えてしまいがち
    確かに、この点については、ご質問者様のおっしゃる通りでお気持ちは強く理解できます。弊職も問題だと考えます。ただ、現実的には、税務申告という一定の事務を遂行しており(少なくとも形の上では)、また先述のとおり、委任契約解除の効力が将来効で契約自体がなかったことになるわけでないという点で、契約解除し、税理士報酬を返還するということは理屈の上では難しい面がございます。(このほかの法律構成もありうるのかもしれませんが、、、)

    ただし、交渉の中で、種々の事情から、ある程度税理士報酬の返還を受けることもないわけではないので、金額等によっては、一度、弁護士に相談・依頼なさってみるというのも手かと思われます。
    なお、税理士の業務に関するトラブルは、当該税理士が所属する税理士会に相談なさってみることも場合によってはありうるところです(公的な制度として紛議調停制度もあります)。これらの制度等は、弁護士に一度相談して見通しを聞いてみた上でご検討されてもよいのかもしれません。

    ご参考になれば幸いに存じます。

  • 弁護士ランキング
    東京都9位
    タッチして回答を見る

    > 過去の申告書を確認すると損金がほとんど計上されていないなど多数の誤りが発覚し、毎年税金を過大納付してきたことが分かりました。税務署に相談し更正の請求をして還付を受けましたが、税理士は見解の相違だなどと言うだけで明らかな誤りすら認めず開き直っており、

    →この辺りは、別の税理士に当該税理士のミスの内容詳細やその程度など、セカンドオピニオンをとってみてもよいのかもしれませんね。

  • 相談者 1013833さん

    タッチして回答を見る

    寺田先生、ご親切に解説していただき感謝しております。実は最近、〇〇税理士会へ紛議調停の申立書を提出しました。相手方弁護士との書面のやり取り(質問状の送付と回答の受領)を繰り返したため、相手方の主張に根拠がないことが確認でき、十分な証拠を確保できたと判断したためです。調停の結果次第では訴訟も含めた対応を真剣に検討するつもりですので、その折は最初にご相談させていただければと思います。どうぞよろしくお願い致します。

  • 弁護士ランキング
    東京都9位
    タッチして回答を見る

    > 実は最近、〇〇税理士会へ紛議調停の申立書を提出しました。
    そうでしたか。紛議調停を含め、ご質問者様・貴組合にとって、よりよい結果になるよう、陰ながら応援しております!

    個別具体のご相談につきましては、こちらの「みんなの法律相談」ではなく、個別のお問い合わせや、一括見積などをご活用いただきますようお気を付けくださいませ(個人情報の問題などもありますので、、、)。

  • 相談者 1013833さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございます。大変、勇気付けられる思いです。ここに記載できないやや複雑な事情もありますので、一度、先生に直接、メールさせていただきます。マンション管理組合の性質上、仮に弁護士の先生に依頼させていただいてもどれだけの報酬をお支払いできるのかということがやや気にかかるのですが
    その辺も踏まえてご相談させてください。どうぞよろしくお願い致します。

この投稿は、2021年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから