弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

民事紛争の解決手続き

握取行為

読み方:あくしゅこうい

新しい人権とは、日本国憲法に個別の権利として明記されていないが、憲法上の人権として保障されるべきであるとされる権利を意味する。

「新しい人権」として主張される権利として、人格権、自己決定権、プライバシー権、環境権、知る権利、平和的生存権などがある。これらの権利は日本国憲法の制定時には予想されていなかった権利であり、その後の社会の進展によって保障が要請されるようになった権利である。

「新しい人権」が憲法上の権利として保障されるか否かは、人権の観念をどう捉えるかという問題と不可分の関係にある。有力な学説では、人権が「人間に固有する権利」であることから、社会の進展に伴って、ある利益を人権として保障すべき段階に達したときは、「新しい人権」として憲法上の保障を受ける場合があると指摘する。その場合には、包括的人権規定である憲法13条を根拠に「新しい人権」が認められることになると考えられる。

憲法13条は幸福追求権という包括的な権利を保障しており、これに包摂される権利は裁判規範としての性質を有する具体的権利であると説明される。憲法13条によって保障される権利の範囲については、人格的生存に不可欠な利益に限られるとする見解(人格的利益説)が有力である。

<新しい人権に関連する用語>
人格権、自己決定権、プライバシー権、環境権、知る権利、平和的生存権

関連記事

依頼前に知っておきたい弁護士知識

法律用語検索

法律用語の検索ランキング

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

民事紛争の解決手続きのニュース

  1. 安倍首相が主張する「悪魔の証明」…なぜ「な...
  2. 弁護士はなぜ文章に「、」ではなく「,」を使...
  3. <双葉病院訴訟>原発事故後に認知症患者が失...
  4. ペットのウサギが治療で骨折 「動物病院」に4...
  5. 満員電車で後ろから吐かれてフードが悲惨な姿...
  6. 「夫婦別姓」最高裁で弁論――原告団「政治が動...
  7. 婚姻中に妊娠したら夫の子「嫡出推定ルールは...