判決後の強制執行について

公開日: 相談日:2022年06月08日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
被告の支払い判決が出たのち、被告から支払いがなかったので給与差押で強制執行で進めるのですが、他の個人からも差し押さえられてるとの状況となっております。

【質問1】
先に給与差押えになっている方が、優先されるのでしょうか。

【質問2】
支払いが後回しになった際、有効期限はあるのでしょうか?

【質問3】
有効期限が過ぎた場合、再度裁判を起こすことになりますでしょうか。

【質問4】
再度の、裁判の場合。貸しているお金の返済要求にも、期限があったと思いますがそれを過ぎていたら裁判自体起こさなくなるのでしょうか?

1152230さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    大阪府2位
    弁護士が同意
    1
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    給与差押えに対して複数の差押えが競合した場合、第三債務者(債務者の勤務先)は、差押金を供託しなければならず(民事執行法156条2項の義務供託)、供託された差押金は裁判所による配当が実施されることになります。差押えの前後で優先権が変わるわけではありませんが、差押金の額は変わらず、他の債権者の債権額と按分計算で分配されることになります。

この投稿は、2022年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから