民事執行規則第19条1項について

先日、刑事訴訟がらみの、民事損害賠償が、あり、被告として、敗訴しました。
その後、民事執行規則第19条第1項にての
通知が、送られて来ましたが、原告のいとは何ですか?直ぐに、強制執行、競売のつもりですか?、不動産には、ローン抵当権が、ついてます。
2015年02月13日 12時31分

みんなの回答

川添 圭
川添 圭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府3
ありがとう
ご質問の通知は,民事執行法28条に基づいて執行文を複数付与した場合や執行文の再度付与を受けた場合に債務者に対しなされるものです。
あくまで想像ですが,種類の異なる差押え(不動産差押えと債権差押えなど)を複数同時に申し立てる意図があるのかもしれませんが,相手方が何を執行対象財産として考えているかは,何ともいえません。

2015年02月13日 13時03分

相談者
相手方の意図がわかるタイミングはどの様な時ですか?
なんらかの通知が届きますか?

2015年02月13日 14時32分

川添 圭
川添 圭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府3
ありがとう
差押命令などは(最終的には)債務者へ送達されますので,複数の強制執行がほぼ同時期に実行されて債務者であるあなたへ送達されれば,執行文が複数交付されたことになります。

2015年02月14日 22時47分

相談者
有難う御座います
その時点で、全額支払い可能ですか?

2015年02月14日 22時50分

川添 圭
川添 圭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府3
ありがとう
支払先(口座など)が判っていれば可能でしょうが,そうでなければ供託による方法しかありません。ただ,供託の前提として受領拒絶の事実が必要ですので,現実の履行の提供をどのように実行するのかを考える必要があります。

2015年02月14日 23時02分

相談者
はっきり申しまして、相手方、弁護士とも、話しした事あり、支払い意思も、伝えて、有りますが、無しのつぶてです。
このまま、では不本意です。

2015年02月14日 23時06分

この投稿は、2015年02月13日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

刑事裁判と民事裁判の違い

裁判には大きく分けて刑事裁判と民事裁判の2種類が存在します。刑事裁判では、犯罪を犯した人に有罪無罪や刑罰を決めるための審理を行います。一方で、...

強制執行妨害目的財産損壊罪が成立する要件と刑罰の内容

財産が差し押さえられることなどを妨害するために、財産を隠したり、壊したりすると、「強制執行妨害目的財産損壊罪」にあたる可能性があります。この...

強制執行を妨害するとどのような犯罪にあたるか

執行官や債権者に暴力を奮ったり、脅したり、嫌がらせなどをしたりして強制執行の進行を妨害すると、「強制執行行為妨害罪」にあたる可能性があります...

強制執行関係売却妨害罪が成立する要件と刑罰の内容

強制執行のひとつとして、債務者の財産をお金に換えるために競売などが実施されることがあります。この競売などを妨害すると、「強制執行関係売却妨害...

【図解】刑事裁判で執行猶予がつくケースとは

刑事裁判で有罪判決を受けても、執行猶予がつけば、一定期間は刑の執行が猶予されます。新たな犯罪をすることなどなく無事に猶予期間が経過すれば、刑...

この相談に近い法律相談

  • 民法414条2項の強制履行の代替執行と、民法415条の債務不履行による損害賠償請求の違い

    民事訴訟で不法投棄の原状回復を被告に要求する場合、民法414条2項の代替執行と、民法415条の債務不履行による損害賠償請求及び709条の不法行為による損害賠償請求で、その効果や判決での違いがわかりません。 ①貸していた土地に借主に不法投棄された。(債務不履行) ②貸していない土地に不法投棄された。(不法行為) の2つの場...

  • 訴訟の作成について

    不法行為による損害賠償請求の場合、訴状には ・故意又は過失によって ・他人の権利又は法律上保護される利益を侵害 ・生じた損害 1.上記のそれぞれについて、項目を設け、分けて記載する必要がありますか、 2.不法行為の条文の番号(民法709条 712条 713条等)の記載は必要ですか

  • 民訴306条の判決の手続きの違法について

    上告理由の民訴312条2項6号の理由不備は、控訴審での民訴306条の判決の手続きの違法にあたるのでしょうか?

  • 民訴法92条1項について

    民訴法第92条1項についての、決定は、当事者双方に通知されますか? 書証等に、当事者以外の個人情報が、多数存在するので、閲覧されたくありません。

  • 再審請求と最高裁3行決定の関係について

    次の文章は正しいでしょうか?(民訴法338条1項) 控訴審(高裁)において、判決に影響を及ぼすべき重要な事項について判断の遺脱があったとしても、上告審においてその旨を主張した場合には、たとえ最高裁の決定が民訴法312条1項又は2項所定の上告理由に該当しない(いわゆる3行決定)であったとしても、もはや再審の訴えを提起する...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

弁護士を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。