審問時、相手方が代理人をつけた場合

公開日: 相談日:2022年06月06日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
監護者指定及び子の引き渡し仮処分を申し立て、前日調査官調査が私のみ行われました。
陳述書も併せて提出しました。

次回の審問の期日の数日前に、相手方が代理人をつけたので、日程変更をしたいとの連絡がありました。

【質問1】
相手方が代理人をつけたことで、私も代理人をつけた方が良いのでしょうか?

1151577さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    神奈川県9位
    タッチして回答を見る

    もちろん代理人が就いている方が,より説得的な主張や資料提出が期待でき,依頼するメリットはあると思います。
    ただし,費用の問題もあると思いますので,まずは弁護士にご相談なさってはいかがでしょうか。

  • 相談者 1151577さん

    タッチして回答を見る

    ご回答ありがとうございます。その後すぐ弁護士に相談しました。
    弁護士から、別居後の監護実績の引き延ばしをされているのではと言われました。私のこれまでの監護実績、今後の監護計画は整えています。
    この場合、私は次回の審問で何を伝えれば良いのでしょうか?

  • 弁護士ランキング
    神奈川県9位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    具体的事情(ご相談者様の性別,子の年齢,同居当時の主たる監護者,相手方配偶者が現在監護するに至った経緯等)が分かりませんので,
    既に弁護士に法律相談済であれば,同弁護士に引き続き相談していただくのがよいかと思います。
    一般論としては,相手方に代理人が就いたのであれば,準備書面や書証が提出されてくる可能性があるので,出てきたらそれに対してきちんと反論していく,ということになるかと思います。

この投稿は、2022年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから