判決の効力はどこまで及ぶのか?

公開日: 相談日:2021年10月12日
  • 1弁護士
  • 1回答

【相談の背景】
現在「弁護士特約」を利用して簡易裁判所にて係争中です。
細い道にて車どうしがすれ違う際に、接触してしまいました。
こちらは道の脇に停車して、相手車が通り過ぎるのを待っていましたが
避け方が悪いと言われ、過失割合を争っています。
ちなみに、相手の過失割合の方が大きく、それが認められそうです。
相手車を運転していたのは「妻」、車の所有者は「夫」です。
運転手側の「妻」と和解、もしくは判決しても
相手がその決定を不服とした場合、
車の所有者である「夫」から新たに訴訟(請求)される可能性が
あるのでしょうか。

【質問1】
判決の効力がどこまで及ぶのか?

1073932さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    広島県1位
    タッチして回答を見る

    判決の効力は、原告又は被告となった当事者のみです。
    そもそも損害賠償請求権を持つのは、全損の場合は所有者のみ、分損の場合は所有者と使用者です。交通事故の物損の損害賠償請求訴訟では、所有者が原告になる場合はほとんどです。
    ご質問のようなケースを避けるため、和解をする場合には運転者と所有者双方を利害関係人として入れることが多いです。

この投稿は、2021年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから