抗告状抗告理由書に関する追加補足書面の提出について

公開日: 相談日:2021年02月19日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

相談の背景
地方裁判所民事事件の移送申立の却下に伴い、高等裁判所に即時抗告を申立て、別途抗告理由書を提出するとしました。
抗告理由書の提出期限は、抗告状を提出後2週間以内と規定されていますが、この段階で全てを言い尽くすことは時間的に困難であると予想しています。

質問1
抗告理由書での主張を補足する書面の追加提出は認められますか。

質問2
追加提出が認められる場合、補足書面を提出する意思表示はどの様に行えばよいでしょうか。
抗告理由書に予め「別途補足書面を提出します」等と記載したらよいでしょうか。
或いは高裁書記官に電話で申し入れをしたらよいでしょうか。

質問3
追加で提出する補足書面の題名は何としたらよいでしょうか。

質問4
追加で提出をする補足書面の提出期限はいつになりますか。
期限の規定が無い場合、常識的に最大どの程度引き伸ばすことが可能と思われますか。

1000122さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都2位
    弁護士が同意
    1
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    質問1
    抗告理由書での主張を補足する書面の追加提出は認められますか。

    民事訴訟規則207条により、抗告理由書の提出期限は、抗告提起後2週間以内と規定されていますが、その提出期限が経過した場合には、抗告理由書を提出できないとはされておらず、補足書面の追加提出は可能でしょう。

    質問2
    追加提出が認められる場合、補足書面を提出する意思表示はどの様に行えばよいでしょうか。
    抗告理由書に予め「別途補足書面を提出します」等と記載したらよいでしょうか。
    或いは高裁書記官に電話で申し入れをしたらよいでしょうか。

    抗告理由書に追加抗告理由書を提出予定と記載しておけばいいと思います。

    質問3
    追加で提出する補足書面の題名は何としたらよいでしょうか。

    追加抗告理由書とすればいいと思います。

    質問4
    追加で提出をする補足書面の提出期限はいつになりますか。
    期限の規定が無い場合、常識的に最大どの程度引き伸ばすことが可能と思われますか。

    抗告理由書の提出期限自体が、抗告提起後2週間以内と定められていますので、常識的には抗告提起後3週間程度内には追加抗告理由書を提出する必要があるでしょう。

  • 弁護士ランキング
    東京都9位
    タッチして回答を見る

    > 抗告理由書の提出期限は、抗告状を提出後2週間以内と規定されていますが、この段階で全てを言い尽くすことは時間的に困難であると予想しています。

    困難でも書き切らなければなりません。

    > 質問1
    > 抗告理由書での主張を補足する書面の追加提出は認められますか。

    原則,認められません。
    ただ,刑事の控訴趣意書等の提出期限を参考にすれば,おそらく以下のようになるでしょう。
    当初の提出期限内であれば,当然のことながらいくらでも追加の書面を提出することは可能です。
    一方,当初の提出期限を過ぎた場合には,あくまで,質問者が書かれたように「抗告理由書での主張を補足する」限度で追加提出が認められ得ると思います。
    ただし,上告審においてはこの種書面はほとんど参照されないようであり,抗告審でも慎重な対応が望ましいと思われます。

    > 質問2
    > 追加提出が認められる場合、補足書面を提出する意思表示はどの様に行えばよいでしょうか。
    > 抗告理由書に予め「別途補足書面を提出します」等と記載したらよいでしょうか。

    書かないよりは書かれておかれた方がいいと思います。

    > 或いは高裁書記官に電話で申し入れをしたらよいでしょうか。

    電話連絡もされておかれた方がいいとは思います。

    > 質問3
    > 追加で提出する補足書面の題名は何としたらよいでしょうか。

    抗告理由補充書が適切と思います。他の先生が回答されている名称だと,新たな主張が追加されるイメージがあります,あくまで,当初の(期限内に提出した)抗告理由書の補足的内容であることを示すためです。

    > 質問4
    > 追加で提出をする補足書面の提出期限はいつになりますか。

    そのようなものはありません。本来質問者の問題にされている抗告は,即時抗告(この言葉自体緊急性を感じさせる用語です。)であり,通常抗告と異なり執行停止の効力という強い効力が認められている代わりに,提起期間が裁判の告知を受けた日から一週間の不変期間内と非常に短期間に制限されているものです。
    その趣旨からすれば,民事訴訟規則207条(原裁判の取消し事由等を記載した書面)の規定が厳格に運用されるのはやむを得ないところです。

    > 期限の規定が無い場合、常識的に最大どの程度引き伸ばすことが可能と思われますか。

    1日も早く出されてくださいとしか回答できません。

この投稿は、2021年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから