毒親から逃げるために分籍と閲覧制限をかけたいです。

公開日: 相談日:2022年03月23日
  • 1弁護士
  • 1回答

【相談の背景】
今年で21歳になる私の友人の話なのですが、両親が毒親、親戚も全員両親と同じような毒です。

虐待も受けており、毒親は過去に2回保健所にばれて次は逮捕という所まできています。

またそのバレた時の怪我ですが「母親が友人の背中に熱湯をかけた」「父親が友人の首を手跡がくっきり残るほど絞めた」などです。

友人は一人暮らしをしているのですが保証人が父親で近々、別の家に引越ししようとしています。

また集められる分の証拠になるか分かりませんが、それを集めています。

・毒親に言葉の暴力をされているLINE
・保健所から次虐待すれば親は逮捕されると言われている。
・友人たちと友人親達の証言(一人の友人母が教育のことで毒親と一悶着ありました)

【質問1】
この証拠や保健所からの証言があれば閲覧制限を認可される可能性はあるでしょうか?

友人の親戚は全て友人のせいにする人達なので証言はしてくれないとおもいます。乱文失礼しましたよろしくお願いします

1128129さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    岡山県3位
    タッチして回答を見る

    住民票閲覧制限の支援措置を受けるには、児童相談所か警察の生活安全課に相談して支援措置に協力してもらい、それをもって役場に出向くことになります。

    虐待されていたのは18歳になる前のことでしょうか。

    18歳になる前に熱湯をかけられるなどの虐待があり保健所が関与しているのであれば、必ず児童相談所へ通告がなされていますから、児童相談所に確認して支援を求めたらよいです。

    18歳になった後に虐待があったのであれば(内容からして児童相談所がまったく把握していないとは考えにくいですが)、児童相談所に記録がないため、警察の生活安全課に虐待相談のうえ、支援措置の協力をもとめたらよいです。

この投稿は、2022年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから