弁護士さんに受任してもらえません。

『弁護士相手の訴訟を受任してくれる弁護士さんはいますか?』と言う相談を以前、ここでさせて頂き、それに対して「一般論として、依頼を受ける弁護士としては、あなたの主張と請求が法的に妥当なものであり、証拠上、勝訴の可能性が十分に存在するのであれば、被告となるのが同じ弁護士でることを理由に、受任を嫌がるということはないと思います。」と言う回答を頂きました。
相談後、数人の弁護士さんに問い合わせてみましたが、『弁護士相手』と聞いただけで、詳しい事情も聞いて頂けません。
せめて、詳しい事情(紛議調停申立書と答弁書)を読んで頂き、判断して頂きたいのですが、弁護士さんに対して、どのように持ちかければ、詳しい事情を聞いて頂けるでしょうか?アドバイスお願い致します。
2015年06月05日 08時46分

みんなの回答

中間 隼人
中間 隼人 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 神奈川県4
ありがとう
相談予約の際は,事案の概要を伝える必要がありますから,弁護士相手の紛議調停であることは伝えざるを得ないでしょう。

持ち掛け方の問題でなく,相談を聞いてくれる弁護士にあたるかどうか,だと思います。受任するかはともかく,相談を受ける弁護士はいると思います。

インターネットでお探しになるか,お近くの弁護士会に問い合わせてみてはどうでしょうか。

2015年06月05日 08時56分

大村 真司
大村 真司 弁護士
ありがとう
否応なく相談の際には話さざるをえないのですから、伝え方の問題ではないでしょう。

純粋に、相談を聞く弁護士が少ないのだと思います。少なくとも最初の段階で受任を約束する弁護士はいないでしょう。事情を聞いた上で、本当にひどい事件だと思えば受任する弁護士はいなくはないと思いますが。

もし、あなたが地方在住であるなら、他県の弁護士に相談するほうが確率は高いかもしれません。費用はどうしてもかかりますが。

2015年06月05日 09時15分

相談者
簡単に記載しましたが、受任してもらえる弁護士さんを探すにあたり、
下記の内容では、解りにくいでしょうか?アドバイスお願い致します。


1、賃借人(以下相手方と言います。)の立退き交渉を大阪弁護士会所属のK弁護士に依頼しました。
2、立退料についてお互い合意しましたが、相手方が合意内容に反したため、立退料の残金の支払いを拒否しました、すると相手方が訴えて来ました。そして一審で争点となったのは、合意書の内容でした。合意内容は、「立退料500万円のうち300万円は合意書を交わした時点で支払い、残金は立退き後に支払う、建具以外の廃棄物を残置した場合は、残金の200万円は支払う義務を負わない。」と言う内容でした。相手方が残置した廃棄物について、「建具である」と主張。相手方の主張が認められ、一審は敗訴しました。
3、一審中、相手方から和解の申し出があったのに、私には知らされず、控訴審の打ち合わせ時に、K弁護士から一審判決前に相手方が和解を嘆願していたことを知らされました。一審での和解をK弁護士からは進められませんでしたが、控訴審で和解を申し出ることをK弁護士から勧められました。もちろん相手方は和解を拒否、控訴審も敗訴、上告も敗訴しました。
4、執行停止の手続きがなされなかったため、上告審中、相手方から預金口座を差し押さえられ、金利まで支払わされました。そして残置された破棄物を撤去するために、解体工事期間が長引き、業者から損害金を請求されました。
5、紛議調停でKは、争点となった合意書内容について、「全く身勝手な言い分である」と主張している。しかしその身勝手な言い分が一審で認められたのは、Kの弁護は不十分であったからです。
 またK弁護士は、私が当初から和解を強く求めていた、と主張しながら、和解する気は毛頭なかったとも主張、さらに自分の主張を正当化させるため、捏造する内容のFAX文を提出して来ました。
K弁護士は、依頼人の利益を追求し早期解決を優先させなければならないはずなのに、K弁護士は依頼人の利益を脅かし、精神的負担を掛け多大な不利益をもたらした弁護士職務基本規定違反です。

2015年06月05日 13時29分

この投稿は、2015年06月05日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,795名の弁護士から、「夜間・休日相談可能な弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 解任する前に次の弁護士を探したいのはおかしいですか??

    今の弁護士は、相談してもまともに回答をしてくれず、信頼関係が破綻しかけています。 やむなく次の弁護士を探したいのですが、解任しても、今よりも良い弁護士が見つかるとは限りません。 そこで解任する前に、信頼できる方をみつけてから解任したいのですが、 弁護士は、現在、他の弁護士と契約している場合、話すら聞きたがら...

  • 弁護士相手の訴訟を受けてくれる弁護士さんをどのように探せば良いのでしょうか?

    紛議調停を申立て着手金と報酬の返還を求めています。弁護士は、つじつまの合わないFAX文書を捏造したり、弁護士には不利な証拠を自ら提出するなどしています。 紛議調停で私は和解を求めていますが、弁護士はそれに応じてくれそうもありません。和解できなければ、提訴することになりますが、弁護士相手に受任してくれる弁護士さんは...

  • HPに注力している弁護士は駄目だと某弁護士に言われました。どう弁護士さんを選べば良いでしょう?

    もう随分前に、ある弁護士さんに相談をしました。 そして、相談内容が得意な他の弁護士をご紹介いただくご依頼と、相談時の疑問につきご質問をしました。 1週間経ってもご返信無く、依頼を受けてくださっているかご連絡したところ、先の私の質問に対し、 「ご信頼いただいていないようなので、他で弁護士を見つけてください。」との...

  • 弁護士に委任しているのに答弁書が直接届いた

    弁護士に委任しているのに関わらず、 即時抗告の答弁書が相手の弁護士から 直接届きました。 依頼している弁護士に慌てて、 電話して相談したところ、 弁護士の倫理に反するから 懲戒請求を提出するとのことでした。 どう言った倫理に反したのか イマイチ理解できません。 弁護士法の何条に違反するので しょうか?

  • 弁護士に依頼をしようとしたら、断られたことについて

    弁護士に依頼をしようとしたら、断られました。 離婚の後の、公正証書を作成する件で弁護士に依頼をしたところ、断られました。 その理由は、守秘義務があるので詳しくはいえないけれども、相手の周辺で間接的に相談を受けたことがあるためらしいです。 しかし、弁護士に私の情報は伝えてますが、証書をとりたい相手の情報は一切...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

民事紛争の解決手続きのニュース

  1. 安倍首相が主張する「悪魔の証明」…なぜ「な...
  2. 弁護士はなぜ文章に「、」ではなく「,」を使...
  3. <双葉病院訴訟>原発事故後に認知症患者が失...
  4. ペットのウサギが治療で骨折 「動物病院」に4...
  5. 満員電車で後ろから吐かれてフードが悲惨な姿...
  6. 「夫婦別姓」最高裁で弁論――原告団「政治が動...
  7. 婚姻中に妊娠したら夫の子「嫡出推定ルールは...

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。