弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

調停 : 調停の流れ・費用・期間や申し立て方法

取り急ぎの答弁書

当社が原告として本人訴訟を提起
被告は訴訟代理人として弁護士を
立ててきた案件です。

11月22日に提訴。
11月25日特別送達発送
12月7日 被告からの答弁書
12月21日 第1回目の期日

被告方、弁護士の答弁書
1通

内容は当方の請求を全棄却

請求原因の認否
追って主張する。

といった内容でした。

当方にしたら、次回準備書面の提出を
準備しておりましたが、1回延期された
感があります。

確かに、提訴~第1回期日まで
日数は決して長くはありませんが
上記のような答弁書ではいささか
納得はいきません。

そこで、当該弁護士が多忙
     時期的に混んでいる
  
あるいは、そのような手法
     被告に帰すべき、責任があり
     それを回避できる書面を
     作るのに時間を要する 

などなど、考えてはおります。

当然、人にもよるのですが
被告から着手金を受領し
受けているので、上記のような
答弁書はないだろう。

実際に上記のような答弁書の
提出のケースはあるのでしょうか?

上記のような答弁書が提出されることは結構あります。

なぜなら、被告は訴状を受け取った後、弁護士に相談に来ることになりますが、第1回目の弁論期日まで時間があまりないことが通常であり、スケジュールの都合上、被告との十分な打合せができず、請求原因に対する認否や反論を具体的かつ詳細に行うことが困難なことが多いからです。
そのため、上記のように、請求を争う旨だけ記載した答弁書を提出し、第2回弁論期日までに反論等を記載した準備書面を提出する、というような方法がとられるのです。
上記の高橋和聖先生のご指摘通り、「答弁書」が内容空疎なものになることはあり得ます。

ただ、その理由が問題ですね。
単に「依頼されてから間が無く、十分な準備ができない。」ということ(不可抗力のような理由)だけなのでしょうか。
例えば、今回の訴訟で総務部さんは「原告」側ですが、仮に、「被告」側だった場合で、かつ、敗訴する可能性が高い場合、訴訟手続きを早めに進めたいと思いますか?

私が心配するのは、総務部さんが「本人訴訟」を行っていることから、相手方代理人のペースにはまってしまうのではないか、ということです。
今回の投稿をなさったということは、総務部さんは、弁護士に相談せずに(今回の投稿の内容を相談、質問することもなく)訴訟を行っているということですが、今後の訴訟の様々な段階で、訴訟の進行が早くなるように、裁判官に申し入れるのが良いと思います。
弊社の質問が漠然とした内容にもかかわらず、
ご回答いただき、ありがとうございました。

弊社にいたしましたら、充分参考になります。

というのも、今回の訴訟に踏み切るまで
弁護士の方とも相談。

得られる金額は別として、弊社の主張と
証拠類で勝てるのではという見解でした。

諸般の事情により、弊社判断で本人訴訟と
なったわけです。

ただ、被告訴訟代理人はHPは出しておらず
どのような人物像かは全くわからない状況です。

名前・連絡先・登録番号だけですので
年鑑を閲覧しに行くほか、ないのかな
といった状況です。

今回、ご回答をいただき、弊社には参考になりました。
実際の訴訟において、弁護士が作成する答弁書は、上記のようなシンプルなものが圧倒的に多いのが実情だと思います。
被告にとって有利、不利を問わず、事案が単純明快なものでない限り、訴状の認否は、その後の訴訟の展開に極めて重要なものですので、どうしても、慎重にならざるを得ないと思います。




請求の趣旨は,原告が被告に求める請求の結論(例えば,「被告は原告に対し金・・・円を支払え」)ですから,棄却を求めておかないと原告の請求が認容されてしまいます。従って,シンプルに「原告の請求を棄却する」と答弁書に記載します。
一方,請求の原因は,原告の請求の趣旨を基礎付けるために,生の事実を法律的に構成した事実です。これが,原告の請求が認められるかどうかの出発点になります。従って,原告としても慎重に法律構成を行ったうえで,請求の原因を記載するのです。
他方で,この請求を受けた被告としては,請求の原因に記載された事実の存否,反論を的確に行わないと敗訴して,原告の請求が認められてしまいます。このように重要な作業になるので,とりあえず,「追って主張する」などとして第1回期日を終え,次回期日までに周到な事実調査をしたうえで,必要な認否,反論を提出することになります。
お分かりいただけたと思いますが,被告の依頼を受けた弁護士としては,被告の利益を護る観点からも,慎重に対応せざるを得ないのです。

ビジネスユーザさん
2011年12月13日 10時32分

みんなの回答

高橋 和聖
高橋 和聖 弁護士
ありがとう

2011年12月13日 10時58分

瀬戸 仲男
瀬戸 仲男 弁護士
ベストアンサー
ありがとう

2011年12月13日 15時11分

ビジネスユーザ さん (質問者)

2011年12月13日 15時28分

比護 望
比護 望 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県3
ありがとう

2011年12月17日 10時59分

岡村 茂樹
岡村 茂樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県1
ベストアンサー
ありがとう

2011年12月17日 14時19分

この投稿は、2011年12月13日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では12,174名の弁護士から、「夜間・休日相談可能な弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 準備書面の提出期間に

    民事訴訟 被告は第1回口頭弁論の直前に答弁書を提出 追って準備書面で提出するとなっています。 来月7月4日には第2回口頭弁論があります。今だに被告は準備書面を提出しません。 弁護士に依頼しているのに、被告はのろいです。 一般的に、訴状の反論はいつまでに提出するのでしょうか?

  • 準備書面での否認

    本人訴訟の原告ですが、被告には弁護士がついています。 先日、原告の方では、具体的事実を30個くらいの項目に分けて計10ページくらいに渡って記載した準備書面を出しましたが、これに対して相手弁護士は、ただ一言「準備書面の内容は、全て否認する」と書いた準備書面を出してきました。 このような「全て否認する」という被告弁護士...

  • 簡易的な答弁書と準備書面

    期日までに、できればしっかりとした答弁書を間に合わせたいのですが、諸事情からぎりぎり間に合わないかもしれません。そこで、もし「追って」答弁書を作るとして、次の疑問があります。 「追って」答弁書の後に、完成した準備書面を数週間後に提出する時、タイトルは「準備書面1」となりますね。その後の項目番号はどのようになる...

  • 第二回口頭弁論

    支払督促から異議にて訴訟移行の着服金請求事件(当方原告本人訴訟)(被告代理人弁護士)で第二回口頭弁論が月曜日にあるのですが、前回の第一回目で当方から第1準備書面及び、証拠及び、被告答弁書に対する反論として第2準備書面を提出しました。その際、裁判官より被告代理人弁護士に「原告の準備書面1、2に対し何か反論があれば、次回ま...

  • 準備書面での反論。やはり第一回口頭弁論の当日提出でしょうか?

    来週初めに第一回口頭弁論 答弁書での被告の回答↓ 請求の趣旨 原告の請求を棄却する。 訴訟費用は原告の負担とする。 請求の原因 追って準備書面で認否する。 被告らの主張 追って準備書面で主張する。 未だ準備書面を提出していません。 やはり第一回口頭弁論の当日提出でしょうか?

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

民事紛争の解決手続きのニュース

  1. 安倍首相が主張する「悪魔の証明」…なぜ「な...
  2. 弁護士はなぜ文章に「、」ではなく「,」を使...
  3. <双葉病院訴訟>原発事故後に認知症患者が失...
  4. ペットのウサギが治療で骨折 「動物病院」に4...
  5. 満員電車で後ろから吐かれてフードが悲惨な姿...
  6. 「夫婦別姓」最高裁で弁論――原告団「政治が動...
  7. 婚姻中に妊娠したら夫の子「嫡出推定ルールは...

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。