公開日:

でたらめな訴訟での精神的苦痛

2018年03月02日
ベストアンサー
ご相談させて下さい。

法人ですが相手の根拠のないでたらめな主張で提訴されました。
物証も揃っているので裁判自体は必ず勝てると確信しておりますが、
訴訟を起こされた事による、法人のイメージダウン、
私自身、家族、社員の精神的苦痛など損害は計り知れないものがあります。

相手の主張が全てでたらめであったと裁判で明らかにしたと仮定し、
上記損害で逆に相手を訴える事はできますでしょうか?

ご回答宜しくお願い致します。
相談者(638297)の相談

みんなの回答

舛本 行広
舛本 行広 弁護士
弁護士が同意4
ありがとう
「訴えることはできますか」という質問に対しては,訴えることは可能ですが,その請求が認められるハードルは相当高いと思います。
 
 最高裁判例は,「民事訴訟を提起した者が敗訴の確定判決を受けた場合において、右訴えの提起が相手方に対する違法な行為といえるのは、当該訴訟において提訴者の主張した権利又は法律関係(以下「権利等」という。)が事実的、法律的根拠を欠くものであるうえ、提訴者が、そのことを知りながら又は通常人であれば容易にそのことを知りえたといえるのにあえて訴えを提起したなど、訴えの提起が裁判制度の趣旨目的に照らして著しく相当性を欠くと認められるときに限られるものと解するのが相当である。」としています。
 理由としては「訴えを提起する際に、提訴者において、自己の主張しようとする権利等の事実的、法律的根拠につき、高度の調査、検討が要請されるものと解するならば、裁判制度の自由な利用が著しく阻害される結果となり妥当でないからである」としています。

2018年03月02日 06時26分

高岡 輝征
高岡 輝征 弁護士
弁護士が同意7
ベストアンサー
ありがとう
判例的には、先の先生の言うとおりです。

「不当訴訟」といって、相手の提訴自体が民法709条の不法行為となるため、それにより損害を被っていれば、損害賠償請求訴訟を逆提訴できます。

要するに、法律的にも事実的にも常識的に根拠がないことが明らかならば、不当訴訟です。

経験上数は多めです。「でたらめな主張」というのが、どれだけ法律的にも事実的にも非常識かによります。

「相手の提訴がけしからん」というレベルの方も多く、それだと難しいのですが、「法律的にも事実的にもでたらめな提訴」のレベルの場合もままあることで(特に相手が本人訴訟の場合)、そういうときは勝てます。

先の先生がいうハードルの高さというのは、要するに、ケースバイケースだと思います。

2018年03月02日 07時53分

この投稿は、2018年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では15,996名の弁護士から、「夜間・休日相談可能な弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 被告として勝った相手に、裁判を提起するか迷っています

    誹謗中傷をやめるよう求めたことを、名誉毀損だと言われ、裁判をおこされました。 一審二審とも棄却、勝訴が確定しました。こちらは悪くないと。相手の行為が発端・原因なのだからと。 この後、こちらから提訴しようか迷っています。 上記裁判に勝訴したからといって、相手からの誹謗中傷を法的に制限する効力はもたないのでし...

  • 反訴する裁判所は本訴された裁判所とは別の裁判所でいいですか

    ひどい言いがかりにより、訴訟になると予想している案件があります。先方の主張にはなんの根拠も証拠もありませんので、こちらは訴訟となってもかまわないのですが、一方で、こちらの側には、窃盗をはじめ、刑事告訴できる案件、また、提訴できる案件が複数あります。 そこで、先方からの提訴により裁判がおこなわれ、決着がつく段階...

  • 嫌がらせ訴訟対抗手段

    損賠償請求で提訴されましたが、その内容自体がこじつけや事実無根の嫌がらせです。不当訴訟だとして私を訴えた相手に対して反訴するか、別訴本訴で提訴するか、どちらがどうちがいますか、どちらが効果的ですか?

  • 判決正本を相手から取れる?

    先月、判決が出て私が敗訴しました(原告)です。 相手は元々、名誉毀損で訴えていたぐらい、周囲に誹謗中傷する人なので、私が敗訴した判決書を周囲に見せて回るのではと心配です。 判決の中には、私が相手を「待ち伏せ」「窓覗き」等して精神的に恐怖に陥れた等の文言があります。もちろん事実ではありません(反訴されました)...

  • 民事裁判 相手の訴えに対して訴え(反訴)を起こしたい。

    裁判で訴えられた場合の対応方法についての相談です。 車同士の物損事故での損害賠償請求の事案になります。 私はA県在住で、相手はB県在住です。事故はA県で起きました。 過失割合で折り合いがつかず(相手が100%悪いのにもかかわらず)、突然B県を管轄する 裁判所(簡易裁判所)から訴状が届きました。 腹が立ったの...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。