移送申立(相手)⇒意見書(私)⇒意見書(相手)、ここまでで、裁判所が判断することはありえますか

公開日: 相談日:2015年02月12日
  • 3弁護士
  • 3回答

はじめの移送申立は届いたので読み、それに対して意見をだしましたが、それに対して相手が意見をだしたようですが、私はその意見書を読んでいません。この状況で移送の決定がされることはありえますか。それとも、両者に同じ回数の機会を与えるものですか。地裁です。はじめの相手からの移送申立は昨年の11月にあり、かなり時間が経っています。

321676さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    意見書を出させる回数に特に決まりはありませんが、相手方の意見書が提出されてから相談者様がその内容を確認もしていない間に、裁判官が移送申立てに対する決定をすることはないと思われます。

    ただ、万が一のことがありますので、念のため、意見書が届いたらすみやかに、若しくは届く前でも、裁判所書記官に電話をかけておき、再度の反論を出すか検討する時間がほしい旨を伝えておくとよいでしょう。

  • 弁護士ランキング
    東京都2位
    タッチして回答を見る

    移送申立(相手)⇒意見書(私)⇒意見書(相手)、ここまでで、裁判所が判断することはありえますか

    まだ相談者に送られてきたばかりであれば,その段階で判断しないと思いますし,通常は書記官を通じてでも,さらに主張されたいことがあるか確認をしてくるはずです。
    一応,相談者からも主張されたいことがありそうなら,書記官にいつまでに提出する予定であることを伝えておいてもよいと思います。

  • 弁護士ランキング
    広島県4位
    タッチして回答を見る

    裁判所の判断次第ですが、書面の内容によっては、現段階で判断することもありうるでしょう。同回数の書面ということを意識する裁判官もいる反面、法的な縛りがあるわけでもありませんので、情報として十分と判断すれば、決定を出すこともありえます。

この投稿は、2015年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す