裁判中の弁護士とのトラブル

公開日: 相談日:2014年07月31日
  • 2弁護士
  • 2回答

裁判中なんですが、代理人弁護士が「弁護士の言うとおりにしないと辞任する」と何度も脅かしてきました。あまりに無茶だったので、「じゃあ辞任してください」と言ったところ、「辞任しない」と言ってきました。「自分で辞任すると言ったのだから辞任してください」と追求したら、今度は、「解任された」と主張し、裁判官に解任されたと伝えると言います。辞任と解任では裁判の影響が違ってくるのでしょうか?また、弁護士費用も一部返金してほしいと思っていますが、辞任と解任では違ってきますか?

271415さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士 A

    タッチして回答を見る

    辞任は弁護士が勝手に辞めることです。解任はあなたが辞めさせることです。

    裁判の結論には辞任と解任で差はありませんが、今後あなたが新たな弁護士に依頼しない限り、ご自身で訴訟を続けて行かなければなりません。

    弁護士費用の返金は、辞任でも解任でも弁護士との交渉になります。

  • 弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    辞任と解任では裁判の影響が違ってくるのでしょうか?

    基本的には変わらないと思いますが,弁護士が辞任するというのは何か依頼者に問題があると思った場合ですから,解任したというほうが依頼者にとっては例えば裁判所の事実上の心証において有利な場合があるのかもしれません。
    ただ,通常は裁判官はその違いで判決の内容を決めているとは思われません。

    また、弁護士費用も一部返金してほしいと思っていますが、辞任と解任では違ってきますか?

    契約内容にもよりますが,通常は着手金は返ってこないと思います。
    例えば,当事者の協議によるとなっている場合は,解任のほうが依頼者都合ですから,返ってこない場合が多いのではないでしょうか。

この投稿は、2014年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す