証拠能力についてお伺いします。

公開日: 相談日:2021年06月10日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
現在、あるトラブルで民事調停を行っています。請求の趣旨は慰謝料300万円です。そこでお尋ねしたいことが2点あります。

【質問1】
このトラブルは警察へ届け出済み。警察は相手方に事情聴取を行っています。この事情聴取の内容は証拠として使えますか?

【質問2】
民事調停は不成立になることが予想されます。その場合、訴訟も考えていますが、民事調停で相手方が言ったことはその後の裁判で証拠として使えますか?

1034466さんの相談

回答タイムライン

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    このトラブルは警察へ届け出済み。警察は相手方に事情聴取を行っています。この事情聴取の内容は証拠として使えますか?

    残念ながら、供述調書などは開示できないので証拠とするのは難しいです。


    【質問2】
    民事調停は不成立になることが予想されます。その場合、訴訟も考えていますが、民事調停で相手方が言ったことはその後の裁判で証拠として使えますか?

    調停で提出されたを訴訟で証拠として提出することは可能です。

    ただ、その書面からどこまで読み取れるかは、書面の内容次第です。

  • 弁護士ランキング
    長崎県3位
    タッチして回答を見る

    >このトラブルは警察へ届け出済み。警察は相手方に事情聴取を行っています。この事情聴取の内容は証拠として使えますか?

    事情聴取の内容を証拠として利用することはできますが、聴取した警察官が作成した供述調書などの資料の開示を受けるのは難しいと考えられるので、裁判所に提出すべき資料を収集できない可能性があります。

    また、警察官による「●●さんは××と言っていた」という説明をご自身でメモして証拠として利用することも考えられますが、あくまで又聞きであるために信用性が争いになる可能性があります。

    >民事調停は不成立になることが予想されます。その場合、訴訟も考えていますが、民事調停で相手方が言ったことはその後の裁判で証拠として使えますか?

    民事調停時の発言内容も証拠として利用可能ですが、実際に発言を聞いた調停委員の手控えの開示は受けられません。なので、裁判所に提出すべき資料を収集できない可能性があります。

    また、調停委員による「●●さんは××と言っていた」という説明をご自身でメモして証拠として利用することも考えられますが、前述と同様に、あくまで又聞きであるために信用性が争いになる可能性があります。

この投稿は、2021年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す