書面中に相手方に対し認否や確認を求めること。

公開日: 相談日:2019年01月02日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

準備書面中や別途申立として、求釈明ができることはわかるのですが、
もう少し厳密ではない方法で、書面中に、

「この点について~の確認(または認否)を被告に求める。」

などを入れることは可能ですか。

あまりしないほうがよいでしょうか。

746922さんの相談

回答タイムライン

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    準備書面の主張の中で,そのような求釈明を入れることもないわけではありません。
    ただ,裁判所へのアピールという意味では,きちんと求釈明であることを明示して確認を求めた方が効果的であると考えます。
    相手方が認否を意図的に避けている事実関係は,相手方の急所であることもあります。
    主張書面の中で入れ込む形だと,そのまま無視されてしまっても目立たないのです。
    戦略的なところなので,弁護士によっても個性があるところであると思いますが,私の場合は,本当に確認(追及)したいときは,明確に求釈明であることを明示して記載することが多いです。

  • 相談者 746922さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございました。たいへんよくわかりました。なるほど、戦略的な部分でもあるのですね。

  • タッチして回答を見る

    ケースバイケースですが,書面は,分かり易さが重要と考えます。
    事実主張の中に求釈明を紛れ込ませてしまうと,分かりにくくなるという面もあります。

    求釈明に関する書面の第一の獲得目標としては,書面を出した次の期日で,裁判所から,相手方に対して,「●●に対して,回答してください。」とか,「●●(という資料)については,任意に提出してもらえませんか。」という訴訟指揮を引き出すことにあると考えます。
    準備書面の中に目次付きの項目を作ったり,求釈明申立書の形にするなどの形式も問題ですが,審理にとって回答が必要な理由を説得的に述べることも大切だと思います。

この投稿は、2019年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから