答弁書を簡易裁判所へFAX

公開日: 相談日:2016年02月16日
  • 4弁護士
  • 7回答

簡易裁判所へ答弁書を送るのは口頭弁論日の当日FAXでも構わないでしょうか?

そのとき、同じ答弁書を2通FAXしたら良いですか?

426154さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    > 簡易裁判所へ答弁書を送るのは口頭弁論日の当日FAXでも構わないでしょうか?
    >
    > そのとき、同じ答弁書を2通FAXしたら良いですか?

    ◆ 期日開始時刻より前であれば法的には答弁書が提出されたものと扱われますが、担当裁判所書記官がFAX機の前に常に待機しているわけではなく、開廷日には、午前10時以降は正午まで法廷にずっといたり、午後は午後1時から午後4時頃までずっと法廷にいたりすることもあるので、ギリギリのFAXは何かと問題が起きやすいのでやめておいた方が無難です。
    ◆ やはり、せめて前日までにはFAXしておくべきでしょう。
    ◆ 絶対に2通FAXしなければならないというものではなりませんが、できれば、答弁書の紙の一番右上の端に「正本」と記載したものと、「副本」と記載したもの2通をFAXしておけば、裁判所のウケがいいです。また、FAXする前には、書記官に「これから答弁書をFAXします」と電話しておいた方がいいでしょう。

  • 相談者 426154さん

    タッチして回答を見る

    早速のお返事ありがとうございます。

    口頭弁論を欠席した場合、結果などは後日郵送されて来るのでしょうか?

  • タッチして回答を見る

    > 口頭弁論を欠席した場合、結果などは後日郵送されて来るのでしょうか?
    ◆ 何が話されたとか具体的なことについて、文書で郵送されてくることはありませんが、書記官からは次回期日等につき連絡がある筈です。
      とは言うものの、期日終了後、すみやかに貴殿の方から書記官に電話で問い合わせた方がいいです。

  • 相談者 426154さん

    タッチして回答を見る

    電話で問い合わせたら内容を答えてもらえるんですか?
    口頭弁論日の当日に問い合わせるより翌日のほうが良いですか?

  • タッチして回答を見る

    > 電話で問い合わせたら内容を答えてもらえるんですか?
    > 口頭弁論日の当日に問い合わせるより翌日のほうが良いですか?
    >
    ◆ 原告が新しく提出した書面とか期日で述べたこと(法的な意味を持つ陳述)は教えてくれます。当日か翌日かで法的な効果に差異が生じるわけではありません。

    ◆ 仮に、原告が訴えを取り下げるとした場合に注意しておくべきことを回答致します。
      訴えの取り下げは、原告が消滅時効の援用を認めたことを意味しません。
      この取り下げに貴殿が同意すると、取り下げの効力が発生しますが、取り下げの効力とは、単に、訴訟が終了したというだけの話で、原告は、再度、訴訟を提起することも可能です。
      そこで、私としては、貴殿においては、取下に対しては「不同意書」を提出するか、原告に連絡して、時効援用を認める旨の書面を貰った上で「同意書」を提出するという方法をお勧めします。
      それは面倒だ、再度訴訟を提起してくることもないだろうから、そのままにしておこうというのであれば、それはそれで構いませんが、慎重派で、かつ物事の白黒をはっきりさせた上で事件を解決したいという思いの強い私としては、前述したような方法をお勧めする次第であります。

この投稿は、2016年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから