答弁書 準備書面 書き方

公開日: 相談日:2021年04月21日
  • 3弁護士
  • 6回答
ベストアンサー

【相談の背景】
第1回での答弁書についてです。
答弁書の期日に時間がなかったため
請求を棄却する、費用は原告
請求の原因に対しての答弁はおって否認する。と
書いて送ってしまいました。

【質問1】
本日新しく答弁書を用意し

請求の原因に対しての答弁

事実とは異なる為否認する。
異なる点の反論は次回期日までにする。
と書いて再度送りたいのですが大丈夫でしょうか?

【質問2】
追加の答弁書として送るべきか
事実とは異なる為否認する。
異なる点の反論は次回期日までにする。
という内容の準備書面にするか
どちらがいいでしょうか

1019620さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都1位
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    本日新しく答弁書を用意し
    請求の原因に対しての答弁
    事実とは異なる為否認する。
    異なる点の反論は次回期日までにする。
    と書いて再度送りたいのですが大丈夫でしょうか?

    新たに提出するなら、答弁書ではなく準備書面になると思います。
    ただ、前回提出した答弁書に、『請求の原因に対しての答弁はおって否認する』という
    記載があるなら、あえて、今回準備書面を提出しなくても、次回の期日にまでに反論の準備書面を提出されればよろしいかと存じます。


    【質問2】
    追加の答弁書として送るべきか
    事実とは異なる為否認する。
    異なる点の反論は次回期日までにする。
    という内容の準備書面にするか
    どちらがいいでしょうか

    提出するなら準備書面ですが、今回の期日で終結することはないと思いますので、あえて準備書面を提出されなくてもよろしいかと存じます。
    もちろん、ご不安でしたら、準備書面として提出されても構いません。
    その場合には、裁判所と相手方に送る必要があります。

    ご参考までに。

  • 相談者 1019620さん

    タッチして回答を見る

    そうなのですね!
    認否ではなく否認と書いてしまったので
    良くなかったかなあと思い出そうかと思っていました。
    ありがとうございますm(_ _)m

  • 相談者 1019620さん

    タッチして回答を見る

    相手方の訴状の請求原因の記載事実に事実に対する認否・反論をする書面を追加で別に提出すべきです。

    事実と異なる部分がある為否認する。
    異なる点の反論は次回期日までにする。
    で大丈夫でしょうか?
    それとも〇項については〇〇すると
    項目ごとにするべきですか?

この投稿は、2021年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから