1. 弁護士ドットコム
  2. 民事紛争の解決手続き
  3. 書面
  4. 訴状
  5. 民事訴訟の途中で被告が引っ越しした場合

公開日:

民事訴訟の途中で被告が引っ越しした場合

2019年09月23日
ベストアンサー
お世話になっております。
先日少額裁判の申し立てをし、被告側にはもう訴状は届いてると思われるのですが、被告側はどうやら引っ越しをするようです(同アパートなので様子がわかります)。逃げようと思っているのかも知れませんが、裁判所には住所が変わるという申し入れをするのですか?また仮に訴状の受け取りを拒否していたらどうなりますでしょうか?
よろしくお願い致します。
相談者(849864)の相談

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ありがとう
> 裁判所には住所が変わるという申し入れをするのですか?

普通はしますね。

また仮に訴状の受け取りを拒否していたらどうなりますでしょうか?

再度送るとか、付郵便送達といって、普通の書留で送る場合もあります。

2019年09月23日 09時46分

川添 圭
川添 圭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府2
ありがとう
転居に伴い,郵便局へ転居届(転送依頼)を行っている場合は,裁判所からの訴状の送達(特別送達郵便)も転送の対象になります。
また,転居の事実をあなたが把握した場合は,被告が住所を変更した旨の上申書を裁判所へ提出してもよいでしょう。
なお,特別送達郵便は受取り拒否ができません(不在による保管期間満了返送はあり得ます)。
被告への送達が完了しているかどうかは,郵便局から裁判所へ送達報告書が戻っているかどうかで判断できます。担当書記官へ送達が完了したかどうかを確認することもできますし,訴状記載の住所で送達できたかどうか(転送されているかどうか)も,裁判所で送達報告書を閲覧すれば確認できます。

2019年09月23日 09時49分

相談者(849864)
早々のご回答ありがとうございます。
住所が変わるという申し入れをしない場合もあるのでしょうか?もししなかった場合は、転居先など権利があれば第三者が住民票を閲覧できると聞いたのですが、そういう形で再度申し立てる事になりますでしょうか?
度々のご質問で申し訳ありません。
よろしくお願い致します。

2019年09月23日 09時52分

相談者(849864)
もし被告側が申し入れをしなくても、転居がわかれば原告側からも上申書が提出できるのですね。被告側が訴状を受け取っているのか、明日にでも確認してみたいと思います。

2019年09月23日 10時04分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ベストアンサー
ありがとう
> 住所が変わるという申し入れをしない場合もあるのでしょうか?

それはあると思います。

もししなかった場合は、転居先など権利があれば第三者が住民票を閲覧できると聞いたのですが、そういう形で再度申し立てる事になりますでしょうか?

再度少額訴訟をする必要があるかどうかということでしょうか。
いったん、訴状が相手に届けばその必要はありません。
例えば、訴状が届かないと、相手の住所を調査したほうがよい場合もあると思います。



2019年09月23日 10時05分

相談者(849864)
度々のご回答ありがとうございます。
いったん被告側に訴状が届けば、転居先を調べる必要はないのですね。ではやはり明日にでも確認してみます。

2019年09月23日 10時20分

この投稿は、2019年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

刑務所から逃走した場合の罪|逃走罪が成立する要件と刑罰の内容

有罪判決を受けて服役中に刑務所から逃げ出したり、被疑者や被告人として勾留されている施設から逃げ出したりすると、逃走罪という罪にあたります。こ...

この相談に近い法律相談

  • 訴訟 原告からの和解案の申し出について

    いつもお世話になっております。 先日少額訴訟があり、被告側が通常訴訟を申し立てました。内容は同アパート住人の迷惑行為による不法行為でしたが、先月被告側は突然引っ越しました。引っ越し前までは本当に気持ちに余裕がなく、冷静になれずにいましたが、段々と冷静に考えられるようになってきました。現在は60万の請求をしています...

  • 訴訟の被告の記載について

    いつもお世話になっております。 被告の個人事業者に少額訴訟を提起するため、被告を「(屋号)Aこと(個人名)B」と「(屋号)CことB」として、簡裁窓口に行きました。被告を2つ書いた(経営は同一の個人B)のは、被告の要望で「品物(商品)はAに引き渡して、支払いはCが行う」形をとっていたためです。 すると、窓口で...

  • 簡裁での欠席裁判

    いつもお世話になっております。 当方原告で、本人訴訟を提起しております。 被告からは答弁書及び陳述書のみで、口頭弁論は欠席しております。(代理人なし) 先ほど、質問させて頂きまして、簡裁では被告が書面さえ提出すれば、2回目以降の口頭弁論を欠席しても擬制陳述が認められるとのご回答を賜りました。 1. 書面さえ提出...

  • 強制執行申立の管轄について

    いつもお世話になっております。 当方、原告で小額訴訟を提起しております。 少額訴訟だと訴訟を行なった裁判所で、強制執行の申立ができると某書で読みましたが、ややこしい事件で、少額訴訟から通常訴訟へ移行した場合は、原則どおり被告住所地管轄の地裁に申立てることになるのでしょうか? 以上、お忙しい中、申し訳ござい...

  • 訴訟敗訴時相手側が法テラスの場合の訴訟費用

    お世話になっております。 訴訟も終盤になり私の方が負けそうで損害賠償を支払わなければならなくなりそうです(内容は省略します)そこで、判決になると、訴訟費用は敗訴側が持つような流れになっていますが相手側は法テラスを使っています、法テラスを使っていても関係なく敗訴側が訴訟費用を持つのでしょうか? また、訴訟費用の...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

弁護士を探す

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。