登記簿謄本(資格証明書)の有効期限・照会制度について

*訴状提出時に必要な、資格証明書(登記簿謄本)は3ヶ月前のものまで有効だったと思いますが、11月2日に発行されたものは2月2日まで有効なのでしょうか?それとも2月1日でしょうか。

*「訴え提起前における照会」が民事訴訟法132条の2?で定められていると思いますが、先日最寄の簡易裁判所でその手続きについて確認したところ、「そんなものはない」と言われました。本当に無いのでしょうか?また、この手続は難しいものなのか、あるいは、あまり利用されないものなのでしょうか。

*「当事者照会制度」は、本人訴訟でも認められますか?これを利用する際、訴状提出後のいつから照会手続が取れるのでしょうか・・・
2013年01月03日 19時43分

みんなの回答

中島 繁樹
中島 繁樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県3
ありがとう
<訴状提出時に必要な資格証明書(登記簿謄本)の有効期限は?>
2月1日です。
<「訴え提起前における照会」は本当に無いのでしょうか。この手続は難しいものなのか。あまり利用されないものなのか。>
この照会手続きは裁判所の手続きとしてではなく、本人が自分でするものです。実際はあまり利用されていません。
<「当事者照会制度」は本人訴訟でも認められますか?訴状提出後のいつから照会手続が取れるのでしょうか>
本人訴訟でももちろん認められます。訴状提出後であればいつからでも照会手続ができます。

2013年01月04日 11時31分

この投稿は、2013年01月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 地裁移送後の擬制陳述

    いつもお世話になります。 訴えの追加的変更及び訴えの併合により、民訴法16条1項による移送決定が下されました。 簡裁で、訴えの併合後の第3回期日を終えておりますが、地裁移送後の1回目の期日は擬制陳述が認められますか?

  • 即時抗告:民事訴訟法92条4項 

    民事訴訟の下級審の決定に不服の場合控訴は、判決の翌日から2週間以内に控訴することができると規定されていますが、訴訟記録の閲覧制限の申立てを却下する決定の即時抗告の期限はどのくらいですか? 民事訴訟法92条4項 には、即時抗告することができるとのみ記載され、1週間とか2週間といったように具体的な期限が明記されて...

  • 控訴について質問数点

    Q1 裁判所のHPによると http://www.courts.go.jp/sendai-h/saiban/tetuzuki/kouso_mousitate/ 資格証明書 当事者が法人の場合には,代表者の資格を証明する文書(全部事項証明書等,法務局で交付を受けられます。) 第一審で提出している場合でも,控訴審では別途,最新のものが必要となります。 とのことですが、一般に証明書...

  • 「期日外の釈明」(民事訴訟法149条)の内容を確認する方法

    本人訴訟の当事者ですが、裁判所が相手方当事者に対して「期日外の釈明」(民事訴訟法149条)をしたかどうかを確認したいとき、どのような方法があるでしょうか? 例えば、口頭弁論調書の謄写申請をして、その謄写申請の対象として「裁判所が期日外の釈明をしたときの記録とした文書」の謄写を申請すると記載して、もし有れば書記官が謄写...

  • 会社法429条1項に基づく民事訴訟の添付証明書

    会社法429条1項に基づく民事訴訟の提起を準備中の者です。 当面、弁護士なしでの奮闘を心に誓っております。 原告は個人(本人)被告はA社取締役B 訴状に履歴事項全部証明書などの資格証明書の添付は必要ですか? また、どんな種類の証明書になりますか? この1点が明確になれば、訴状を裁判所に提出できそうです。 何とぞ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

弁護士を探す

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

民事紛争の解決手続きのニュース

  1. 安倍首相が主張する「悪魔の証明」…なぜ「な...
  2. 弁護士はなぜ文章に「、」ではなく「,」を使...
  3. <双葉病院訴訟>原発事故後に認知症患者が失...
  4. ペットのウサギが治療で骨折 「動物病院」に4...
  5. 満員電車で後ろから吐かれてフードが悲惨な姿...
  6. 「夫婦別姓」最高裁で弁論――原告団「政治が動...
  7. 婚姻中に妊娠したら夫の子「嫡出推定ルールは...

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。