訴状の請求項目と関係のない事柄が相手から主張された場合

公開日: 相談日:2021年11月24日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
慰謝料の損害賠償請求事件で、相手からの、答弁書面に、木枝が相手側に越境している等、今回の事件と関係のない事柄が複数項目書かれます。

【質問1】
①反論すべき内容ですか?
②判決になると、相手側の主張している、木の枝の伐採などからあるのですか?

1087789さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    福岡県5位
    弁護士が同意
    2
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    反論すべきかどうかをアドバイス差し上げるには、実際の訴状を拝見し、周辺事情を詳しくヒアリングする必要があります。
    判決の主文では、あくまであなたが訴状の「請求の趣旨」に記載した要求が認められるか否かのみが記載されます。反訴を起こされる可能性もありますのでその場合は、相手方が反訴において求めた事項についても判決主文に記載されることになります。

    お聞きする限りの事情では、上記のようなお答えとならざるを得ません。

    みんなの法律相談上の公開の簡易なやり取りではお聞きする事項にも限界があります。
    一度訴状と答弁書を持ってお近くの弁護士にご相談に行かれることをお勧めいたします。

  • 相談者 1087789さん

    タッチして回答を見る

    無料相談を利用しても、弁護士先生はアドバイスくれますでしょうか?

この投稿は、2021年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す