知人に貸してお金の返金

公開日: 相談日:2015年07月14日
  • 1弁護士
  • 1回答

親が知人に口約束で300万くらい貸していて必要な時に口座に振込むということで100万近くは振り込まれましたが、必要でからと振込をお願いしても連絡もつかなくて振込も無く困っています。せめて100万くらいでも戻ってくればいいのですが…
内容証明とか書いて返金してもらうしかないですか?

367491さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    ご質問の件につき、ご回答いたします。


    まず、ご相談者様と親御様と知人との間の約束の内容の詳細は分かりませんが、「知人の方が親御様に100万円を返還していること」、「必要な時に口座に振込む」といった点から考えて、当事者間で貸金契約か財産管理契約等を締結しているのでしょうか。

    相手に請求をしていくうえでは、当事者間でどういった内容の合意を交わしたのかを特定することが必須です。

    例えば、親御様と知人との間で貸金契約が成立していれば、知人の方に対して貸金返還を求めていくことになります。



    次に請求の方法ですが、相手が口頭(電話等)での支払いには応じないようでしたら、次は内容証明などの書面による請求を行うことが多いです。

    内容証明を送ることで、こちらの強い意思を示し、相手方に心理的プレッシャーをかけることで、こちらの目的を達成させることを狙いとすることがあります。

    普通郵便等と比べて、内容証明郵便にはインパクトがあります。


    もっとも、口頭での支払いに応じないような相手であれば、本人名で内容証明を送っても効果がない(支払いに応じない)可能性があります。

    そこで、相手に対して、本気で請求するという堅い態度を示す意味で、弁護士を通じて、相手に対して内容証明を出すこともあります。


    ただし、内容証明そのものは、単なる郵便物であり、訴訟や支払督促と違って、それ自体に強力な法的効力が与えられているわけではありませんので、内容証明による請求を行っても相手が支払いに応じないような場合には、最終的には、訴訟提起を考えなければならないでしょう。


    以上になりますが、ご参考になれば幸いです

この投稿は、2015年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから