慰謝料、和解金、示談金、解決金の違い。金額を提示するのに慰謝料として支払うと聞くべきでしょうか?

公開日: 相談日:2013年12月18日
  • 3弁護士
  • 4回答
ベストアンサー

慰謝料を請求されている内容証明の回答を書くうえで、事実と異なる内容なので書かれている金額を支払うつもりはないですが、相手に対していくらかは支払う気持ちはあり、金額を提示するのに慰謝料として支払うと聞くべきでしょうか?
相手に対して申し訳ない事をした気持ちはあるので謝罪する気持ちは多少ありますが、相手の主張を認めたくないので使いたくありませんが、謝る気持ちがないと思われ逆上されるのも困ります。
この場合、慰謝料、和解金、解決金、示談金どの言葉を使うべきでしょうか?

221373さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位
    タッチして回答を見る

    謝るつもりならば、慰謝料でよいでしょうが、事実と違うので、金員については、別に指定するといった話になるでしょう。理屈上は謝罪の意思を示すものではないですが、解決金名目でも、実態として謝罪意思を示せば、別にいいと思います。

    結局名目より、金額と貴方の意思を示すことではないでしょうか。

  • 弁護士ランキング
    長崎県1位
    タッチして回答を見る

    >金額を提示するのに慰謝料として支払うと聞くべきでしょうか?

    回答の書き方にもよりますが、「すべての解決として、解決金○万円の支払を提案します。」と記載しておけばいいのではないでしょうか。

    >この場合、慰謝料、和解金、解決金、示談金どの言葉を使うべきでしょうか?

    私としては、解決金の言葉がいいと思います。

  • 弁護士ランキング
    滋賀県1位
    タッチして回答を見る

     法律上,厳密に慰謝料,解決金,示談金,和解金などの言葉が定義されているわけではありませんが,一般的に,違法行為をしたことを認めて支払う場合に「慰謝料」,民事事件で必ずしも違法行為を認めたわけではないが,紛争解決のために支払う金銭が「解決金」または「和解金」と言われることが多いです。

     ご記載のような内容であれば,解決金としていくら払う,という回答が最も投稿者様の意思に近いのではないかと思われます。

  • 相談者 221373さん

    タッチして回答を見る

    ご回答ありがとうございます。参考になりました

    内容証明の回答を正式な書き方ではなく簡潔な手紙で書きました。
    送り方は郵便局で内容証明便として郵送したほうがいいでしょうか?
    手紙なので普通便でしょうか?

    内容証明便として送る場合、送り主本人ではなく、代理人に任せても問題ないでしょうか?

    返答宜しくお願い致します。

  • 弁護士ランキング
    滋賀県1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    >内容証明の回答を正式な書き方ではなく簡潔な手紙で書きました。
    送り方は郵便局で内容証明便として郵送したほうがいいでしょうか?
    手紙なので普通便でしょうか?

    →内容証明郵便については,文字数など,記載方法が郵便局によって決められています。規定に合わない場合には,内容証明郵便として出すことはできませんので,そのまま出すとしたら内容証明郵便以外で出すことになります。
     届いたことを証明したいのであれば,配達証明をつけるとよいでしょう。


    >内容証明便として送る場合、送り主本人ではなく、代理人に任せても問題ないでしょうか?

    →内容証明郵便の規定に沿った郵便物を出すときに,代わりの人に郵便局に持って行ってもらって出すこと自体は,問題ありません。

この投稿は、2013年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す