民事調停での陳述書と発言

公開日: 相談日:2016年09月15日
  • 2弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

調停での陳述書を、裁判で、訴状とともに提出する場合、甲-1号証などの書証になりますか?それともそのまま陳述書でだすのですか?
調停不成立となった場合、裁判になりますが、調停員から聞く、相手の発言を証拠としたい場合、記録として残らなかった場合、同席代理人のメモでも証拠になりますか?
回答よろしくお願いします。

485787さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    大阪府2位
    弁護士が同意
    2
    タッチして回答を見る

    > 調停での陳述書を、裁判で、訴状とともに提出する場合、甲-1号証などの書証になりますか?それともそのまま陳述書でだすのですか?

    陳述書は書証ですので,甲号証として提出します。

    > 調停不成立となった場合、裁判になりますが、調停員から聞く、相手の発言を証拠としたい場合、記録として残らなかった場合、同席代理人のメモでも証拠になりますか?

    調停委員というフィルターを通して伝わった話が本人の弁を正確に反映したものである保証がないため,残念ながら,証拠化してもあまり意味がないことが多いと思います。

  • 相談者 485787さん

    タッチして回答を見る

    お早い回答、ありがとうございました。
    裁判になった場合、
    相手がこう発言していたのを、調停委員から聞きました。
    と言うことを伝える場合、記録として残っていれば謄写という方法があるかと思いますが、記録として残らなかった場合、どう使えばいいのでしょうか。代理人のメモより。では信用してもらえないのでしょうか?

  • タッチして回答を見る

    調停は基本的に非公開ですし、その場で何を話したというのも記録として残りませんので、結局言った言わないになると思います。そもそも、調停という話し合いの場で当方に有利な発言があったからと言って、それを訴訟で有効な証拠にするということは難しいように思います。

  • 相談者 485787さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございました。
    それでは調停での発言が、こちらに有利だった場合でも、代理人の立場からでも、なんとか証拠としようとはしないのでしょうか?
    裁判になった場合、まったく調停での発言には触れないのですか?

この投稿は、2016年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから