自動車保険について質問

自動車を新車にする際に 営業マンの薦めで自動車保険も替える事になって 今までの内容と一緒にしてほしいと証券のコピー まで渡したのに、いざ事故が起きると、営業マンの勉強不足で 一部前回とは補償内容が違う事が発覚! 店長及び営業マンが平謝りしたが保険契約と保険の法律?でディーラ側でも ミス内訳の傷害一時金給付補填はできないと ただ謝る限りです。 ディーラー側は落ち度は100%認めてるが・・ こちら側としては重大な過失です 本格的に法律相談や公訴したら 取り戻せますか? 泣き寝入りですか? お智恵をお借りしたいです

2015年11月30日 21時24分

みんなの回答

好川 久治
好川 久治 弁護士
ありがとう
ディーラが言っているのは、おそらく特定保険契約(変額保険や外貨建て保険のような市場リスクのある商品)における損失補てんの禁止や、保険契約者に対する保険料の割引等の特別利益の提供の禁止のことだと思います。
今回の件は、ディーラの善管注意義務違反、契約締結上の過失などの法的責任が問題となる場面ですから、ディーラが依頼の趣旨に反した契約を勧めて契約を締結させたことにより損害が発生すれば、当然損害賠償を求めることは可能です。もっとも、契約にあたり、同じ内容の契約であるかどうかの確認は契約者であるあなたの方でも行うべきことですから、過失相殺により損害額は減額されることになるでしょう。

2015年11月30日 22時15分

相談者
度々の回答ありがとうございます 過失相殺との事ですが 仮に20万の傷害一時給付金の損失と なれば どれくらいの賠償金が可能でしょうか?裁判費用など諸経費や時間を考慮すると やるだけ無駄ですか?

2015年11月30日 22時25分

好川 久治
好川 久治 弁護士
ありがとう
専門家として責任の重さを考えると、2~3割程度の減額に抑えられるのではないかと思います。金額面だけで考えると、弁護士に依頼をしても費用倒れになるだけです。ご自身で裁判を起こすか、調停を申し立てて、調停委員に間に入ってもらって話し合うのが現実的かと思います。

2015年11月30日 22時33分

相談者
夜分回答ありがとうございます。上記の内容の考慮した上で 調停?を申請したら 私の相殺分賠償金は 高確率で認められますかね? また営業マン個人?ディーラー相手ですか? 調停とはどのようにするんでしょうか? どうしても 裁判とか聞くと 参審制?や負けた時の費用負担?など 頭がよぎるのですが 私の場合は、そこまで難しくないのですかね?

2015年11月30日 22時55分

好川 久治
好川 久治 弁護士
ありがとう
営業マンはディーラの仕事として保険営業をしていたわけですから、相手はディーラでよいと思いますが、説明義務違反を不法行為と構成すれば営業マンとディーラのいずれを相手にしてもよいと思います。調停は裁判の前段階のようなものですが、比較的柔軟な取扱いがされる手続です。基本は話し合いですから、ご本人でも対応可能です。相手が応じなければ訴訟を起こさざるを得なくなる点が欠点ですが、話し合いで解決するのがベストの事案ですから、まずは調停を起こしてみてもよいです。もちろん、二度手間を考えて訴訟を起こしてもよいですが、手続的には訴訟は相手が応じなければ判決になるものですから、きちんと事実と法律の主張をしていかなければなりません。なお、費用は、申し立て時の収入印紙と郵券くらいの負担で済みます。相手の弁護士費用等は負担する必要はありません。

2015年12月01日 10時14分

相談者
回答ありがとうございます。相手が、どう出るかわかりませんが こちらは弁護士無しの個人なので 営業マン相手にしようと思います。 今回の対応に納得いかない旨を伝えて調停の事前通告ないし法に訴える連絡はいりますか? もう行きなりでいいんですかね? 後、自宅まで来て謝罪したのに、相手は 会社ですから調停に弁護士とか投入し いざ調停になると 手のひらを返して 円満解決とならず 会社に有利なるように するんですかね?

2015年12月01日 12時19分

好川 久治
好川 久治 弁護士
ありがとう
事前通告はしておいてもよいのではないでしょうか。個人相手でも会社が関係していますので、あまり効果はないかもしれませんが、話し合いのきっかけになるかもしれませんので、通告しておいてもよいかと思います。
調停になれば、可能な限り反論してくると思います。

2015年12月01日 15時14分

相談者
回答ありがとうございます。通告前に、このように至った経緯を書面にしてと言っても、裁判対策で応じないですかね?呼び出して謝罪をボイスレコーダーで録音してもあまり意味がないですかね? 調停では 相手は弁護士が出てきますかね? 調停しだいで 私の不利に傾くとかあるんですかね?

2015年12月01日 17時59分

好川 久治
好川 久治 弁護士
ありがとう
不祥事があったときに加害企業に対して報告書を求めることはよくあることです。事実関係について当事者の認識を一致させる意味でも要求しておいてもよいかと思います。録音は事実関係について争いが生じそうなら採っておいて損はないですね。あとは調停を申し立ててみないと何とも言えません。

2015年12月01日 18時19分

相談者
回答ありがとうございます 私の主張を法律に照らして賠償金は 相殺傷害一時給付金でいいのでしょうか? 慰謝料とかは請求できないですよね?

2015年12月01日 18時25分

好川 久治
好川 久治 弁護士
ありがとう
一般的には、経済的な損害が回復されれば慰謝料は請求できない事案です。

2015年12月01日 18時34分

相談者
私としては 相殺傷害一時給付金だけでも 認められれば満足です。 相手の反論を考慮しつつも 認められる可能性は どの程度でしょうか? 後、調停とは 用意周到に準備すすめて 準備できしだいと考えているのですが 年明け申請はさすがに遅いのでしょうか?

2015年12月01日 18時57分

好川 久治
好川 久治 弁護士
ありがとう
調停では請求が認められるかどうかは直接判断されません。争いの実情を前提に話し合いができるかどうかを試す手続です。ただ、説明義務違反があったことは明らかで、相手も認めているわけですから、当方の過失分を考慮しても、7~8割は当方の主張が通る前提で話を進めてもよいのではないでしょうか。
申し立て時期は年明けでも問題ないと思いますが、調停の期日が入るのは申し立ての1か月後ですから、早い方がよいですね。

2015年12月01日 21時16分

相談者
回答ありがとうございます 調停では 賠償金の支払いの判断は されないとは? 私の主張が8割方通っても 支払うかはまた別なんですか?

2015年12月01日 21時40分

好川 久治
好川 久治 弁護士
ありがとう
調停はあくまでも話し合いの場です。裁判のように、相手が応じない場合に裁判所が判決を出してくれるわけではありません。話し合いは、請求が通るものかどうかを前提に進めますので、相手もそれなりに話には応じてくるとは思いますが、こちらが請求するとおり応じるとは限りません。

2015年12月01日 21時43分

相談者
回答ありがとうございます 話し合いの場をもって 裁判官や調停員などの専門家に主張がだいたい認められるだけの場って事ですよね? 相手が支払いには応じない調停不成立→裁判となるんですか?

2015年12月01日 21時56分

好川 久治
好川 久治 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
裁判官や調停員などの専門家に主張がだいたい認められるだけの場って事ですよね?

⇒認める認めないという判断はされませんが、証拠関係を踏まえて請求の見通しを立てて話し合いを調整する場と考えてください。

相手が支払いには応じない調停不成立→裁判となるんですか?

⇒そうなります。自動的に裁判に移行するわけではなく、改めて訴え提起が必要です。

2015年12月01日 23時10分

相談者
回答ありがとうございます。 あくまで 第3者の客観的な立ち会いの元に 当事者が 話しあいによる和解をはかるとの事ですね? 企業側としては 支払い不可 調停不成立 裁判に移行する方が メリットが高いでしょうか?

2015年12月01日 23時19分

この投稿は、2015年11月30日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では14,030名の弁護士から、「夜間・休日相談可能な弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 産業用ヘリの総合保険加入について。

    産業用ヘリの水稲防除の仕事をしていました。機体を購入した(1200万)メーカーの保険代理店にて加入していた総合保険(引受は大手保険会社)が継続不可で仕事ができなくなりました。高額な機械を販売したメーカーの責任はないのでしょうか? 6年前に産業用ヘリコプター(水稲の農薬防除)の仕事を始めました。メーカーから機体購入...

  • 必要な保障がカバーできない保険に加入させられていた

    家電の販売・サポートを生業としています。 現場でお客様の財産に損害を出してしまった場合(壁に傷をつけてしまったなど)の補償を希望し、保険設計書通りに契約をしました。 そもそもこの保険とは別に賠償保険に入っておりましたが、建設業じゃないのに建設業賠償保険なので、降りないと言われ、設計を依頼し契約しました。 先...

  • 損保会社の賠償範囲について

    損保会社のサービスセンターで働いています。契約者が全賠事故の場合、事故車が修理中の間は代車を手配します。勤務先の損保会社では1日、18000円までと決められており、それを超えると担当者の自己負担となります。事故車が高級車であれば、この条件にあわないものもあります。事故車が高級外車で、代車として大手レンタカー会社の高級...

  • 自動車 任意保険契約の無効

    ディーラー代理店にて任意保険加入、ですがこちらには保険内容は告知なし、しかもディーラーの営業マンが自分で代筆して契約書の提出。ディーラー及び代理店は全て瑕疵を認めております、コンプライアンス違反も認めています。ディーラーの営業マンに対し確信犯の刑法及び代理店、本店に損害賠償、契約取り消しは出来ますでしょうか?

  • 乗用車と大型トラックとの交通人身事故(つづき)

    片側ニ車線道路(バイパス)で、中央分離帯があり、速度規制がない道路(この場合の法定速度は60Km)の第一通行帯(左車線)に駐車していた大型トラック(バイパスなので、当然、駐停車禁止規制区間)が、発進と同時に駐車場所付近の中央分離帯が切れているところを利用して、Uタ-ンをしようとして、第二通行帯(右側車線)を走行していた私が運転...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。