ベストアンサー

会社からの損害賠償請求

会社が従業員に備品の破損等で訴訟起こして損害賠償請求して、従業員が認めても、賠償額は減額されるのでしょうか?

やっぱり認めたら、会社の請求金額全額の認容判決出るのですか?
2015年04月11日 12時58分

みんなの回答

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
従業員が認めても、賠償額は減額されるのでしょうか?

金額についても一切を認めれば、そのまま認容されるのが原則です。
もっとも、公序良俗に反するほどの金額については、修正される可能性はありますが。
事実を認めても金額は争うこともあります、その場合は、その金額通りにはならないでしょう。

2015年04月11日 13時00分

西口 竜司
西口 竜司 弁護士
ありがとう
ぜろさむさん
結論的に言いますと,相手が認めれば請求ができます。
より戦い易いということですね。
ただし,過失相殺ということなる可能性はあります。

2015年04月11日 13時01分

相談者
>事実を認めても金額は争うこともあります、その場合は、その金額通りにはならないでしょう。

壊した事実に関しては認めても、損害額は争うことができるということですね?

どういう風に争うんですか?

会社が「あなたは業務上で時価20万の備品を壊しましたね」と追求して、従業員が「確かに仕事で私の落ち度によって備品は壊れたかもしれません(?かもしれないでも、認めた事になるのか)」と認めても「その全額を負担するつもりはない、備品も劣化していた」とかいえばいいんでしょうか?

なんか判例に25%としか請求できないと書いてあったのはなんなのでしょうか?

2015年04月11日 13時11分

萩原 猛
萩原 猛 弁護士
ありがとう
 民事裁判は、まず、原告が訴状を提出し、次に被告が答弁書を提出して答弁します。原告は、訴状で、自己の請求を基礎づける「事実」を主張します。「損害額」の主張もします。被告が、答弁書を提出せず、第1回口頭弁論期日に出頭しなければ、原告の主張を全て認めたことになりますので、原告の請求どおりの判決が下されます。また、被告が出頭しても、原告の請求を「認諾」すれば、「認諾調書」が作成され、これは原告勝訴の判決と同一の効力があります。要するに、民事裁判は、当事者間に争いがない事実は、証拠調べをすることなく、そのとおりの事実が認められるのです。ですから、ご質問の「従業員が認めても」というのが何を認めたのか、どのような答弁書を提出したのか、答弁書も提出せず口頭弁論期日にも出頭しなかったのか、等々によって回答は異なります。

2015年04月11日 13時17分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
壊した事実に関しては認めても、損害額は争うことができるということですね?

そうですね。
ご記載の争い方もありますが、むしろ一般的に多いのは、中古だし、簿価○円(場合によっては減価償却終っているし)なので、評価額は○○円などと言った主張でしょう。

2015年04月11日 13時20分

萩原 猛
萩原 猛 弁護士
ありがとう
 答弁書の書き方は、下記サイトが参考になるでしょう。

 http://toubensyo.web.fc2.com/kakikata/kakikata_1.html

2015年04月11日 13時21分

相談者
会社から従業員への損害賠償額が25%までしか認められないというのは‥?

なんか判例であったような‥

2015年04月11日 13時25分

相談者
答弁書の書き方も勉強しておきます、ありがとうございます。

2015年04月11日 13時27分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
損害賠償額が25%までしか認められないというのは‥?

どの事案かわかりませんが、おそらく、従業員が何らかの不法行為を会社がらみで起こした時に、会社と従業員で負担は分けあうべきと言うことから7:3くらいに請求できる限度が制限されることがあります。

もっとも、これは事案によりけりで、業務中の交通事故などの場合は従業員側の負担は2~3割くらいの時もありますが、故意の横領などの場合は100パーセント従業員の責任になります。

そのことではないでしょうか。

2015年04月11日 13時28分

萩原 猛
萩原 猛 弁護士
ありがとう
<会社から従業員への損害賠償額が25%までしか認められないというのは‥?>

 そのような決まりがあるわけではありません。当該事故発生について、会社側にも落ち度があれば、会社側の過失が考慮され「過失相殺」がなされるということだと思います。相殺される率は、ケースバイケースでしょう。

2015年04月11日 13時31分

相談者
備品の破損の場合とかは?

特に制限はないのでしょうか?

2015年04月11日 13時32分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
備品の破損の場合とかは?
特に制限はないのでしょうか?

備品かどうかで無く、むしろ事故の性質ですね。
会社の業務に付随するもので、過失ならば、そういう制限にかかりやすくなります。場合によっては従業員の負担がゼロのこともあります。

2015年04月11日 13時34分

萩原 猛
萩原 猛 弁護士
ありがとう
 その事案の状況によるでしょう。会社が従業員に無理な作業しいたり、適切な休憩をとられなかったりしたために、従業員が疲労困憊して作業中に手元がくるい備品を落下させて壊してしまった等、会社側の労務管理の不適切さも事故を招いた一因であるといった場合に、会社の落ち度が考慮されるでしょう。

2015年04月11日 13時36分

相談者
会社側にも落ち度が無い制限されないのですね‥

やはり減価償却分を差し引いた損害、時価等の関係で請求額が少なくなる事が考えられるという事だけですか‥

一応念押しでききますが、民事での器物破損の請求は、もちろん普通、時価や減価償却は考慮されますよね?

2015年04月11日 13時36分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
会社側にも落ち度が無い制限されないのですね‥

いいえ。会社側は普段から業務で利益を得ているので、業務との関連が深い行為は、会社の落ち度は関係なく減額されます。

2015年04月11日 13時40分

相談者
こうやって質問すると、損害額が数十万で軽微でも、会社側は少額訴訟とかでちゃっちゃっと従業員に損害額請求できるわけでもないのですね‥

2015年04月11日 13時42分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ベストアンサー
ありがとう
損害額が数十万で軽微でも、会社側は少額訴訟とかでちゃっちゃっと従業員に損害額請求できるわけでもないのですね‥

そうですね。結構、会社の請求は圧縮されますよ。

2015年04月11日 13時45分

相談者
従業員が素直に全額の請求を認容せず、会社にも落ち度がある、備品が古くなっていたので自分に落ち度が無い等と、会社からの請求を簡単に認めなければ、意外と圧縮できるのですね?

2015年04月11日 13時52分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
各主張は、下記のように分かれるでしょう。

・会社にも落ち度があること
・備品が古くなっていたので評価が低いこと
・会社は保険などでリスクヘッジが出来たこと
・会社の業務に関連して起こる事故であること

2015年04月11日 13時54分

相談者
>各主張は、下記のように分かれるでしょう。

被告が立証しないといけないのでしょうか?

証拠集めるのに手間かかりそうですね‥

2015年04月11日 17時04分

この投稿は、2015年04月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

従業員の身元保証人が会社から賠償金を請求された場合の対処法

従業員が会社に損害を与えてしまい、身元保証人である自分に賠償金の請求がきた…。このような場合には、賠償金を支払う義務があるかを確認し、金額が適...

【弁護士Q&A】仕事中のミスで会社から損害賠償請求…支払う義務はある?

仕事中にミスをして、会社に損害を与えてしまったーー。このような場合に、会社から損害賠償請求をされたら、支払いに応じる必要はあるのでしょうか。...

仕事上のミスで会社に損害を与えた場合でも賠償しなくてもよいケース

仕事上のミスで会社に損害を生じさせてしまい、会社から賠償を求められても、必ずしも応じなければならないわけではありません。賠償する場合でも、損...

【弁護士Q&A】会社が一方的に従業員の給与を減額することはできるのか

会社から一方的に減給することを通知されたり、人事異動や降格に伴って減給された場合、従うしかないのでしょうか。「[みんなの法律相談](https://www....

会社の従業員の身元保証人になるとどんな責任や義務を負うのか

知り合いの就職が決まって身元保証人を頼まれたとき、引き受けてよいのか悩む方もいるでしょう。この記事では、身元保証人になったとき、どのような責...

この相談に近い法律相談

  • 横領 損害賠償請求額

    退職した会社に対して横領の損害賠償請求額の 妥当性をご教示下さい。 損害賠償請求内容 実損額+金利5%年 公正証書化

  • 損害賠償請求の請求額を減額する場合の手続

    不法行為による損害賠償請求の訴訟をしている者です。 この賠償請求額を減額する場合も、訴え変更の手続が必要なのでしょうか? また、賠償請求額を減額する場合も、被告の同意は必要なのでしょうか?

  • 不法行為による損害賠償請求権の遅延損害金の起算日

    訴状の雛形をみますと、不当利得請求の遅延損害金は、相手方に請求する旨の意思表示が到達した日(例えば訴状送達日)の翌日から、年5分の割合で計算した金額となっています。 これに対し、不法行為による損害賠償請求権の遅延損害金の起算日について質問したいのです。 不法行為による損害賠償請求権の遅延損害金の起算日は、相手方...

  • 会社からの損害賠償請求について

    会社から損害賠償請求されております。 内容としては、就業規則や契約ルール違反によって 会社に損害を与えたことに対する請求でした。 不適切な契約を行い損害を与えた場合の請求金額の割合について質問です。 ①与えた損害の8割を払えという内容でしたが 金額は妥当なのでしょうか? 減額の要求は可能でしょうか。 ②賠償請...

  • 会社の求償権

    事故による賠償責任について 業務遂行中に車両使用者が起こした事故による損害賠償の責任は、会社が負うものとする。ただし、事故当事者である車両使用者が、重大な過失または事由により事故を発生させた場合には、車両使用者はその損害賠償の責を免れない。 (企業実務車両運行規程サンプル)と規程した場合についてお聞きします。 車...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

弁護士を探す

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。