損害賠償の範囲について

公開日: 相談日:2013年12月03日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

昨日、自家用車でバイパスを走行中、エンジンオイルのランプが点灯し、車を停めて車の下を覗いてみるとエンジンオイルが全て流れ出てました。警察の方も駆けつけて見てみるとエンジンのドレーンボルトが無くなってるのが分かりました。すぐディーラーを呼んで引き上げて代車も用意して頂きました。用事も合ったのですが二時間以上相手を待たせてしまったりと散々な1日でした。夕方、ディーラーに行くと、工場長の方より先日行ったエンジンオイル交換の際にエンジンのドレーンボルトを緩く閉めた事による震動でボルトが抜け落ちエンジンを焼き付かせてしまった。との説明されました。車の方は新品エンジンに乗せかえ、尚車検も有るので責任を持って直します。と説明されましたが、もしかすると修理が長引いて車検満了になってしまって再登録をすることも有るかも知れないが全て責任を持って直します。との事でしてた。その後店長からも電話が有り今回は誠に申し訳有りませんでした。全て責任を持って修理をさせていただきますのでお時間を頂けないでしょうか?と謝罪の電話が有りましたが、こういう場合は、相手に誓約書見たいな物を書いて頂いた方がよいのでしょうか?どこまで修理するのかが明解ではないので質問させていただきました。直した後の保証等も不安なもので宜しくお願いします。
 

218171さんの相談

回答タイムライン

この投稿は、2013年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから