和解条項案について

公開日: 相談日:2013年11月16日
  • 2弁護士
  • 2回答

10月17日に「裁判所と和解案の重み」というタイトルで相談させて頂いた者です。その節は有り難う御座いました。大変参考になりました。

事件の概要をどこまで書いて良いのか思案していますので解らない部分だけをご質問させて頂きます。ご容赦くださいませ。

現在、損害賠償請求事件の裁判をしていて和解の条項で話し合いをしています。


相手弁護士から和解条項案がきました。

和解条項の一部分に「民事上、刑事上、行政上を問わず一切の責任追及を行わない。」

そこで質問です。

民事上、刑事上、行政上とはどこがどう違うのでしょうか?

素人なもので、調べても長い文章を読んでも違いが良く解らないので教えて頂きたいと思い投稿させて頂きました。

どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

214575さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    民事上の責任追及とは、和解で払われるお金とは別にさらにお金を払え、と言うことです。
    刑事上の責任追及とは、刑事告訴など刑事処罰(罰金とか懲役刑など)を求めることです。
    行政上の責任追及とは、行政処分(各種の行政上の処分)を求めることです。

  • 弁護士ランキング
    大阪府4位

    弁護士 A

    タッチして回答を見る

    民事上、刑事上、行政上とはどこがどう違うのでしょうか?

    ・あなたが今行っておられる損害賠償が民事上の責任で和解すればそれ以上責任追及はできません。

    刑事上,行政上の責任追及は国家行政が行うものであなたが責任追及できませんが 行政の責任判断に際し 被害者であるあなたの意思が責任判断に影響しますのでその意味で記載しておきたいのだと思います。

  • 相談者 214575さん

    タッチして回答を見る

    早急なご回答頂きまして有り難う御座います。

    重ねて質問させてくださいませ。

    現在の裁判は民事上の損害賠償請求事件です。

    刑事上、行政上は私の意志が影響される場合がある。とありましたが…

    今回の和解条項案の一部分に「原告らと被告は、本件の経過並びに本和解成立及び内容について第三者に開示しない。」
    という一文もあります。


    行政機関や団体から聞かれた場合でも口外してはならない。と言う事なのでしょうか?

この投稿は、2013年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから