1. 弁護士ドットコム
  2. 民事紛争の解決手続き
  3. 刑事訴訟における権利の濫用に関して

公開日:

刑事訴訟における権利の濫用に関して

2013年07月07日
刑事訴訟における権利の濫用の規定が、刑事訴訟法ではなく、刑事訴訟規則に設けられていることには何か理由はあるのでしょうか?
相談者(188430)の相談

みんなの回答

萩原 猛
萩原 猛 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県1
弁護士が同意1
ありがとう
特に理由はないでしょう。規定がなくても、当然のことですから。

2013年07月07日 17時24分

相談者(188430)
つまり、自明なことなので、規定を設けること自体にあまり意味が無いということですか?

2013年07月07日 17時28分

弁護士A
弁護士が同意1
ありがとう
意味がないわけではなく、注意的に規定していると思います。

2013年07月07日 18時17分

相談者(188430)
ありがとうございます。

「注意的に規定」とは?

2013年07月07日 18時36分

弁護士A
弁護士が同意1
ありがとう
「必ずしも必要ではないけど念のため書いておきます」というような規定を、注意規定といいます。

2013年07月07日 18時41分

相談者(188430)
ありがとうございます。

その際の濫用の要件は悪質な故意や反社会性等、民法の権利の濫用と同じようなものなのでしょうか?

2013年07月07日 19時04分

弁護士A
弁護士が同意1
ありがとう
デュープロセスの観点は加わりますが、だいたい同じようなものでしょう。

2013年07月08日 10時51分

相談者(188430)
ありがとうございます。

その、デュープロセスの観点とはどのようなものなのでしょうか?

2013年07月08日 11時17分

弁護士A
弁護士が同意1
ありがとう
法に基づく適正手続のことです。

2013年07月08日 11時58分

相談者(188430)
ありがとうございます。

法に基づく適正な手続きが必要なのは刑事法に限った話ではないのではないでしょうか?

2013年07月08日 12時08分

弁護士A
弁護士が同意1
ありがとう
そうですね。
ただ、日本国憲法は刑事手続きに力を入れています。
過去の歴史に鑑みてのことと思います。31条、33条ないし40条をご参照下さい。

2013年07月08日 12時32分

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県7
ありがとう
ここは調べればわかるような学生向けの講釈の場ではなく、相談の場です。
他の相談者にも参考にならないでしょう。不適切な質問だと思います。

2013年07月09日 18時58分

この投稿は、2013年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

民事裁判手続のIT化の実現に向けた意見書を提出、日本弁護士連合会

日本弁護士連合会(日弁連)は、6月18日に、「民事裁判手続等IT化研究会報告書-民事裁判手続のIT化の実現に向けて-」に関する意見書を発表した。同...

東京ミネルヴァ 過払金流用は30億円規模、非弁で「追加の懲戒請求」の可能性も

第一東京弁護士会(一弁)は7月7日、弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所(以下、東京ミネルヴァ)の懲戒処分に向けた手続きを開始し、一弁の綱紀委員...

法務局支局の公証事務再開を要請、旭川など4支局に 日本弁護士連合会 

7月から法務局支局の一部が公証事務の取扱いを廃止したことを受け、日本弁護士連合会(日弁連)は取扱いの再開を求める会長声明を7月1日に公表した。旭...

東京ミネルヴァ依頼者対象に無料相談会 新潟県弁護士会、17日に

新潟県弁護士会は7月10日、弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所(以下、東京ミネルヴァ)の依頼者を対象に、無料の電話相談会を7月17日に開催すると発...

刑事裁判と民事裁判の違い

裁判には大きく分けて刑事裁判と民事裁判の2種類が存在します。刑事裁判では、犯罪を犯した人に有罪無罪や刑罰を決めるための審理を行います。一方で、...

この相談に近い法律相談

  • 刑事訴訟規則第1条と権利の濫用に関して

    刑事訴訟規則第1条が想定している訴訟上の権利の濫用とはどのようなもの事を指すのでしょうか? 実際に濫用と見なされ訴訟に影響が出た事例等がありましたらお教えください。

  • 民事訴訟の自白からの刑事訴訟について

    民事訴訟で自白した内容に明らかな犯罪が含まれていれば、自動的に刑事訴訟に持ち込めますか?

  • 不当訴訟の判例 

    不当訴訟にあたるかの基準を示したとされる最高裁判決の内容は以下の通り。 「訴えの提起が相手方に対する違法な行為と言えるのは、 [①]当該訴訟において提訴者の主張した権利又は法律関係が事実的、法律的根拠を欠くものであるうえ、 [②]提訴者がそのことを知りながら又は通常人であれば容易にそのことを知り得たといえるのにあえ...

  • 民事訴訟、刑事訴訟の同時進行に関して

    名誉毀損等に関して、民事訴訟と刑事訴訟を同時に進めた場合、一般的にはどちらが最初に決着がつくものなのでしょうか? また、その民事訴訟の結果が刑事訴訟に、或いは刑事訴訟の結果が民事訴訟に影響を与えるということもありますか?

  • 刑事告訴と民事訴訟の同時進行について

    刑事告訴と民事訴訟を同時に行うことはあるのでしょうか?刑事告訴を行い、同時に民事訴訟によって損害賠償請求を行いたいです。また刑事捜査によって調べた内容を、民事訴訟に用いることは出来るのでしょうか?

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

弁護士を探す

最近検索されたキーワード

民事紛争の解決手続きの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。