控訴審について

公開日: 相談日:2012年02月28日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

一審で証拠開示されていた証拠Aを必要ないと思い、一審では証拠請求しませんでした。
しかし判決は有罪となってしまい、裁判の判決理由の主な部分は証拠Aが証拠認定されていれば成立しない旨でした。
よって、控訴審で事実誤認を証明するために証拠Aを証拠請求したならば、証拠Aは証拠認定される可能性はありますか?
一審にあった証拠は控訴審で証拠請求したとしても、不採用になることが多いのでしょうか?
(今回のように当方の不手際の場合に関して)

109072さんの相談

回答タイムライン

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    控訴審の役割は、審査審と言って、控訴人の控訴趣意書の主張に従って、第1審判決の当否を第一審の記録を精査することによって審査することにあります。もう1回初めから裁判をやり直すわけではありません。基本は書面審査です。ですから、控訴審の初回の期日が開かれる時には、既に書面審査で結論は決まっていることが殆どです。従って、控訴審で原審の判決内容を見直すような結論に持って行く為には、説得的な控訴趣意書を書きあげ提出することが重要です。ほぼそれで決まりと言っても過言ではありません。控訴趣意書が提出されると、控訴審の第1回期日が指定されます。そして、その期日の1週間前までに、事実調請求書と書証の取り調べを請求する場合には、そのコピーを5部提出するように要請されます。ですから、その際、ご質問の証拠Aのコピーを提出すれば良いでしょう。控訴審の裁判官が、それを見て重要だと思えば、第1回期日で正式に証拠として採用されるでしょう。重要でないと思えば却下されるでしょう。ですから、第1回期日が開かれるまでが勝負なのです。ただし、以上は東京高等裁判所刑事部での取扱です。他の高裁の取り扱いは知りません。

この投稿は、2012年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから