「令和2年(行ウ)第・・・号」か「令和2年(ワ)第・・・号」かは裁判所の裁量か

公開日: 相談日:2020年07月28日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

(1)ある行政の行為(例えば行政文書へ虚偽内容を記載した行為)について行政事件訴訟法4条の公法上の当事者訴訟としての違法確認請求を請求1とし、(2)この行為に基づく精神的損害についての国家賠償法1条に基づく賠償請求を請求2とする請求の趣旨で訴状を提出した場合には、請求1を中心に考えて行政訴訟として「令和2年(行ウ)第●●●号」という事件番号を付ける場合と、請求2を中心に考えて民事の損害賠償訴訟として「令和2年(ワ)第●●●号」という事件番号を付ける場合とがあり、どちらでいくかは裁判所の裁量で、どちらもあり得るというように考えていいでしょうか?
また、裁判所は、上記のような訴状に対し、自らの裁量により「令和2年(行ウ)第●●●号」にしたり「令和2年(ワ)第●●●号」にしたり、実際に、どちらにも自由にしているのでしょうか?

942576さんの相談

回答タイムライン

この投稿は、2020年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから