自宅に不在時の他の家の生活音は法的に迷惑行為の証拠として有効か

公開日: 相談日:2019年07月18日
  • 1弁護士
  • 1回答

下の階の住人から訴えられないよう気をつけているのですが、下の階の人が不在の時に子どもが大きい音を出してしまう音などを録音されていたら、こちらに不利な証拠になるのでしょうか?
わが家も下の階の迷惑行為に相当悩んでおり、騒音も激しく、記録や録音をしているのですが、下の階も我が家の騒音を気にしているようです。(かなりの金額をかけてわが家はできる限りの対策済みです)

わが家も法的手段で攻撃されることを警戒して記録は怠らないのですが、もし下の階の家が不在の時に気を抜いて子どもが騒音を出してしまって、それを録音されていて法的に有効な証拠になってしまったら痛いなと思っています。
こちらも下の階の不在の記録などをつけた方が良いでしょうか。

824851さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    長崎県1位
    タッチして回答を見る

    >下の階の住人から訴えられないよう気をつけているのですが、下の階の人が不在の時に子どもが大きい音を出してしまう音などを録音されていたら、こちらに不利な証拠になるのでしょうか?

    それが受忍限度を超えているといえるほどの騒音なら、不利な証拠にはなるでしょうね。

    >こちらも下の階の不在の記録などをつけた方が良いでしょうか。

    不在かどうかにかかわらず、一般的な注意を継続すれば良いだけだと思います。

  • 相談者 824851さん

    タッチして回答を見る

    本来なら「一般的な注意」をしていればそうそうトラブルにはならないと思うのですが、こちらができることなら訴えを起こそうかと思うような事が多発しているため、心理的に逆転の現象と言いますか、あちらもそう思っているのでは…と心配しています。
    また、「一般的な注意」というのは大変定義が広いものですので少し分かりにくいです。

この投稿は、2019年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

関連度の高い法律ガイド

「行政事件」に関する情報をわかりやすく解説した法律ガイド

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから