ひき逃げ事故の加害者を、証人として、呼び出す方法。

現在、事故時に、警察が加害者の虚偽に騙され逃走を許し、前記ミスを警察が隠蔽したので、
訴訟で一部敗訴し、さらに、事故時に救護もされず取り残され、ケガが悪化したので
県を訴えています。

そこで、事故の加害者を強制的に、証人として呼び出したいのですが、
相手は、無保険で、事故時から私に対しても虚偽・恫喝などを繰り返し、
賠償請求による損害賠償も一円も支払わず、現在の職業なども不明です。

その相手を、呼び出して、事故時、私と警察を騙して逃走した事実を吐かせたいと思っています。

被告は嘘を付けますが、証人は嘘を付けないので、
加害者が嘘をした場合は、偽証罪で逮捕、真実を言えば、現在の訴訟で有利になります。

逃走し続けている加害者を強制的に証人として、無料で呼び出すかことは可能でしょうか?

相手は、八桁の賠償金を全く支払っていないので、交通費などは、負担する必要は
無いと思っています。
2018年08月14日 02時42分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
>逃走し続けている加害者を強制的に証人として、無料で呼び出すかことは可能でしょうか?

呼び出すよう裁判所に求めることはできますが、無償とはいきませんし、そもそも着てくれる可能性の有無を考慮して裁判所が判断しますので、お書きの事情からすると、裁判所は加害者が来る可能性が低いとして呼び出しを認める可能性が低いと考えられます。

>相手は、八桁の賠償金を全く支払っていないので、交通費などは、負担する必要は無いと思っています。

残念ながら、裁判所としては、そういう事情は考慮してくれません。
いくらかの予納金を納めるよういわれる可能性が高いでしょう。

2018年08月14日 07時15分

相談者
全て国民は、裁判で証人となり宣誓の上供述する義務(これを総称して「証人義務」と言います)を負います(民事訴訟法第190条)。
  証人となったのに正当な理由無く裁判への出頭を拒否すると、10万円以下の科料や罰金の制裁を受けますし(同法第192条、193条)、無理矢理にでも裁判所へ連れて行かれることもあります(同法第194条)。と、あるのですが・・・強制はできないのでしょうか?

2018年08月14日 22時15分

この投稿は、2018年08月14日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

刑務所から逃走した場合の罪|逃走罪が成立する要件と刑罰の内容

有罪判決を受けて服役中に刑務所から逃げ出したり、被疑者や被告人として勾留されている施設から逃げ出したりすると、逃走罪という罪にあたります。こ...

この相談に近い法律相談

  • 国賠訴訟の判決日と同訴訟における証人の偽証告発の先後について

    国賠訴訟において被告側証人が法律により宣誓したうえ虚偽の陳述をしました。 同陳述は書証の記載と異なるうえ,証人召喚以前に証人が原告と会話した内容(反訳書と録音)とも異なるので,主観説であっても陳述は証人の記憶のとおりであると信じるに足りる理由がないと思います。 偽証罪の告発をする時期は国賠訴訟判決の前後いずれ...

  • 偽証を撤回したときは偽証罪を構成しないのか

    国賠(本人)訴訟の原告です。 証人尋問で被告証人の警察官が主尋問において「A」と虚偽の陳述をするので,反対尋問で弾劾証拠を示すと「B」であると認めました。 先の陳述を偽証罪として告発しようと考えますが,偽証を撤回したときは偽証罪に当たらないのでしょうか。

  • 民事裁判において本人が虚偽の陳述をしたときについて

    被告が虚偽の陳述をします。 宣誓はしましたが証人ではないから偽証罪には当たらないと聞いています。 原告が,裁判所に対して被告を過料に処す決定を求めるにはどうすればいいですか。

  • 偽証罪における証言の「趣旨」について

    1 AはBに対して「白である」と言った 2 Aは法廷で証人として「Bに対して『黒である』と言った」と陳述した 3 ところが検察官は,Aは「黒である」と証言したが,内心では「白である」という趣旨で言ったと弁明しているから偽証には当たらないとした 私は,Aの証言に表れていない「趣旨」にかかわらず「虚偽の陳述をした」のだ...

  • 敵性証人への誘導尋問について

    尋問者が被告本人に対して誘導尋問をする際,「はい,いいえだけで答えてください」と注意したにもかかわらず,被告は尋問にない具体的陳述をし,裁判官は黙って聞いているだけでした。 1 敵性証人の具体的陳述を制するのは裁判官ではなく尋問者の役割ですか。 2 本人調書に記載された具体的陳述(不規則発言)を削除するよう...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

税務訴訟・行政事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

税務訴訟・行政事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。