横領による懲戒処分前の依願退職

地方公務員です。約50万円の公金を横領してしまいまい、現在自宅謹慎命令を受けております。
多忙により、精神状態も不安定であったとこや、動機など全て上司に報告し、横領金も全て弁済しました。
今後、懲戒委員会の決定を経て懲戒免職等の処分が想定されるといった状況です。

⑴懲戒処分を待たずして、依願退職を申出る事は今回の場合可能でしょうか?
⑵懲戒委員会にて、何か主張したい事はないかと尋ねられました。何か主張すべき事はありますか?

以上2点について、ご教示下さい。
2018年05月06日 05時24分

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ベストアンサー
ありがとう
> ⑴懲戒処分を待たずして、依願退職を申出る事は今回の場合可能でしょうか?

可能は可能だと思いますが、事実上、止められる可能性はないではありません。

> ⑵懲戒委員会にて、何か主張したい事はないかと尋ねられました。何か主張すべき事はありますか?

そこは相談者が主張したいことを話されればよいと思います。
例えば、これまで話してきたこと以上のことがなければ、これまで話してきたとおりですということになると思います。

2018年05月06日 05時34分

相談者
ご回答ありがとうございます。

犯した事件に関しては、当然反省しておりますが、私自身家族を持つ身であるため、再就職や、地域での影響を懸念しております。
可能な限り、公表は控えて頂くよう交渉しようと思うのですが、他の事例を見る限り難しいように思えます。

この場合、どのように交渉すべきでしょうか?

2018年05月06日 05時44分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ありがとう
> この場合、どのように交渉すべきでしょうか?

できるかどうかはわかりませんが、事情を話して、公表だけは何とか控えてもらえないか、お願いすることになるのではないでしょうか。

2018年05月06日 05時53分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
⑴懲戒処分を待たずして、依願退職を申出る事は今回の場合可能でしょうか?

可能ですが、相手が、処理を保留してその後に懲戒処分を科すことはあり得ます。

⑵懲戒委員会にて、何か主張したい事はないかと尋ねられました。何か主張すべき事はありますか?

反省の弁を述べることでしょう。

可能な限り、公表は控えて頂くよう交渉しようと思うのですが、他の事例を見る限り難しいように思えます。
この場合、どのように交渉すべきでしょうか?

弁済していることや反省の意向、今後の不利益を告げて、お願いするくらいでしょう。

2018年05月06日 09時18分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
もっとも、公表しないということは、会計の不正を隠蔽することですから、行政機関の経理の公正から考えても難しいとは思います。

2018年05月06日 09時19分

相談者
ご回答ありがとうございます。

横領の定義についてですが、私の場合は横領が疑われた際にお金を準備し、直ぐに弁済しました。

上司には、処理上の不備があるため、将来的に返還する意思で一旦預かっていたと報告しましたが、やはり不当に占有していたとみなされるのでしょうか?

反省はしておりますが、横領や窃盗と一方的に決めつけられることに疑問を持っております。

2018年05月06日 16時11分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ありがとう
理屈の話をします。
一旦、横領があったのであれば、被害弁償をしても、それがなくなるということではありません。
逆に、例えば、それを相談者で費消する意思がない、それを持ち去る意思がない、例えば、それを一時的に使わせてもらって、すぐに返した、それを返せるだけの十分な財産がある、等という事情のもとでは、横領が成立しない場合もあります。

2018年05月06日 16時22分

相談者
> 横領が成立しない場合もあります。

横領が成立しない事を立証するには、どのような方法がありますか?

また、横領が成立しなかった判例や参考になる法令等があればご教示下さい。

2018年05月06日 22時50分

この投稿は、2018年05月06日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 不服申立の裁決について。理由としては、?

    以前に相談した件に関連して相談させていただきます。 私は地方公務員なのですが、刑事事件を起こしてしまい、 逮捕、拘留、起訴、罰金50万円の略式命令を受け、 懲戒処分として1年間の停職処分を受けました。 その後、職場へ復帰したのですが、復帰と同時に係長から主事への分限降格処分を受けました。 弁明の機会はありません...

  • 業務上横領罪と共同正犯と業務上背任

    1、役職なし退職した筆頭株主 2、元監査役兼経理 3、その、2名が愛人関係 以上を踏まえての質問です。 業務上横領罪は7年、7年以内の横領分だけが処罰の対象? それ以前の証拠はあっても、あくまでも7年以内の横領しか処罰に、値しないのですか? (独自で調べただけなので、監査が入れば色々分かるでしょうが) 問題は両...

  • 名誉棄損罪の成立について

     地方自治体Xの議会には委員会が設けられており、そこでの質疑は公開されています。ただし、インターネット等による中継はなく傍聴ができるという意味での公開された委員会とします。  ある日の質疑で、議員Aは自らに郵送されてきた告発状を読み上げました。その内容は、Xと計画策定支援業務契約を締結している株式会社Yの業務担...

  • 地方公務員の退職願不受理について

    JICAの海外ボランティアに役所を退職をして参加しようとしている地方公務員です。 昨年秋にボランティア募集に応募して合格となり、来月10日から派遣前訓練が始まって、9月末頃に出国予定です。そこで、訓練参加前に退職(退職参加の場合は、訓練開始前に退職するようJICAから要請されている。)すべく「退職願」を提出したので...

  • 自己都合退職扱いと事前に示されていない希望退職募集について

    希望退職の募集に応募して退職しました。 会社都合の退職扱いとなると認識していたのですが、離職票は自己都合による退職(離職理由:早期退職優遇制度)となっていたので会社に確認したところ、退職手続き説明会で伝えたはず、とのこと。 以下の4点について、ご教授ください。 ・会社が自己都合退職になる旨を伝えたのが、募集期...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

税務訴訟・行政事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

税務訴訟・行政事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。