相手側の即時抗告の決定に対して、決定を覆すために、こちらも即時抗告できますか?

ある交通事故で、私が車にひかれ負傷し、相手は救急車を呼ばず、犯人が私に対して、
「保険会社を呼ぶから私が行く予定利場所へ行って待っていてくれ、警察が来たら連絡するから」と言ったので(大事なようがあったので従った)現場を離れて待っていると、相手は、警察官に110番通報と異なる証言を駆け付けた警察官に話し、「引かれた人は、直ぐ立ち上がっていなくなったので、顔も見ていないし話しもしていない」と(事実は、私が110番通報させ、連絡先をメモ交換、現場には30分いた)警察官を騙して逃走し、私に対する救護義務をしませんでした。前記事実を警察官は事情聴取の際に私が話したにも拘わらず書類に記載せず、事故の裁判が行われ、また検察が事故の捜査をしていないことが分かり、結果、損害賠償で前記逃走した事実を証明できず、その部分について勝訴しなかったので、警察と検察に対して訴訟救助を申請して国賠しました。しかし、国側だけが即時抗告して、即時抗告が通りました。下記が内容「警察官が交通犯罪の捜査を行うについて、違法に他人に与えた損害について国は、検察官が
自ら行う犯罪の捜査の補助に係ものであるとき(刑事訴訟法193の3、犯罪捜査規範49条)
のような例外的な場合を除いて、国賠法1の1による賠償責任を負わないから、相手側が
抗告人に対し同項に基づく損害賠償をするためには、本件交通事故について検察官が自ら
公訴を行うために必要となる補助操作をし、又は警察官を指揮して自ら行う
捜査の補助をさせる義務があるのにこれを怠ったことを相手方に於いて
主張立証する必要があるのに相手方は上記義務を基礎付けろ事実を主張していない。また
連帯責任を負う根拠も明らかでない。このような相手方の基本事件における主張内容の他
基本事件の事案の性質等を併せ考慮すると現段階では基本事件のうち相手の抗告人に対する
損害賠償に対し、本件申し立てについて、民訴法82の1ただし書所定の要件があると
いうことはできない。」前記、意味が良く分からないので教えてください。
前記、相手側即時抗告の決定に対して、決定を覆すために、こちらは、即時抗告できますか?
また、国を外して、県だけを被告として修正し、再度訴訟救助を申請できますか?
前記の場合、書類修正、または新たに訴状を提出することが出来ますか?
2017年12月21日 03時56分

みんなの回答

中島 繁樹
中島 繁樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県3
ベストアンサー
ありがとう
<「本件申し立てについて民訴法82条1項ただし書所定の要件があるということはできない」の意味が良く分からないので教えてください。>
 あなたの訴訟はあなたが勝訴する見込みがない、と言っているのです。

<相手側即時抗告の決定に対して、決定を覆すために、こちらは即時抗告できますか?>
 できないことはないでしょうが、無駄ですからやめるべきです。

<国を外して県だけを被告として修正し、再度訴訟救助を申請できますか?>
 同じ結果になります。やめておくのが賢明です。

<新たに訴状を提出することが出来ますか?>
 現在の訴訟を取り下げたうえであれば、可能です。

2018年01月03日 14時42分

この投稿は、2017年12月21日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 刑事訴訟法第246条

    この条文には、司法警察官が事件を捜査した場合証拠、書類等を検察官に送致しなければならないとありますが、この条文には告訴、告発、被害届の分類がありません、被害届の場合も同等と思いますがどうでしょうか? また 検察官が定める微罪は送致しなくても良いとありますが、暴行罪は微罪にあたりますか?

  • 刑事訴訟法について。

    以前の質問の続きに成ります。(とにかく困っています) 以前の質問内容の続きに成ります。 元嫁による有印私文書偽造、同法行使で警察に相談してきましたが私は被害者で無く、告訴権が無い、と警察からの説明でした。 この辺りの事は以前の質問等で回答を得ていました。 私は先週この件で、検察、県警本部に話をしました。(告...

  • 窃盗事件の民事訴訟において証拠の収集方法について

    窃盗事件の被害にあい犯人が検挙された旨を警察から連絡がありました。被疑者に対して損害賠償請求の民事訴訟を検討していますがどのような方法で証拠を集めたらいいでしょうか?警察は被疑者の氏名と現住所、裁判の日程は教えてくれましたが供述調書のコピーなどの書証については開示できないと言われました。開示させる手段はあるので...

  • 告訴状提出における「参考人調書」の義務性について

    私は、自身の居住する住所地以外(県外)において被害を受け、警察に相談したところ、「被害届を出すと、これが事件になり大事になるけどいいの」「受理するには(要件として)後に参考人調書に記名押印しなければならず、県外からまた来てもらうので、面倒だよ」などと理由をつけ、受理を渋っている印象。 その後、警察側の態度に消...

  • 告訴状や告発状の不受理について

    全ての犯罪事件を警察や検察が捜査するのは無理です。 その為、事件を捜査するかどうかは捜査機関の裁量になっています。 しかし、その一方で刑事訴訟法や犯罪捜査規範は告訴等の受理義務があります、 告訴等の不受理について、国家賠償で訴えた場合 勝つことはできるのでしょうか? そして、告訴等の不受理は果たして本当に違法な...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

税務訴訟・行政事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

税務訴訟・行政事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。