自治会のありすぎる剰余金。

公開日: 相談日:2017年05月18日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

認可地縁団体としての自治会において、資産の処分を規約で定めている場合でも剰余金の分配ができない旨の判決があると聞きましたが、本当でしょうか?本当ならどの判決でしょうか?また、例えばその剰余金が会の所有する不動産を売却した金銭であった場合でも同じでしょうか?

551332さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都2位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > 認可地縁団体としての自治会において、資産の処分を規約で定めている場合でも剰余金の分配ができない旨の判決があると聞きましたが、本当でしょうか?本当ならどの判決でしょうか?

    判例は見つけられませんでしたが、総務大臣が定める「認可地縁団体の規約に関する事項」として、「残余財産の帰属」については「規約に定める資産に関する事項に、残余財産の帰属先が定められ、その帰属先が地方公共団体、当該法人以外の法第260条の2第1項の認可を受けた地縁による団体、公益社団法人または公益財団法人であること。」、「剰余金の分配 」については「規約に、剰余金の分配は行わない旨の定めがあること。」とされています。

    > また、例えばその剰余金が会の所有する不動産を売却した金銭であった場合でも同じでしょうか?

    同様でしょう。

この投稿は、2017年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す