水道組合の領域を”段階的に”市の水道局へ移管したいが、この請願は合理か?

(背景)
1980年頃、小さいA部落でのこと。当時、本管水圧の不足により給水限界域と指定され水道局から直接給水されず。そこで、2,3軒の家を対象に1984年頃、B水道組合が組織され簡易水道(タンク・ポンプ設置)を作った。実はこのB水道組合とは、当時C不動産会社が土地を売るために水を引き始めたもの。当時は(も)市水道か簡易水道かは余り問題にされず、土地の売買が行われ、結果、現在は永住・別荘合わせて40世帯余りに。土地売買が展開し、今では当時の事情を正確に語れる住民はゼロに等しい。そして、最近では設備の老朽化と不動産業不振により、とうとう、杜撰な運営管理ののち、2009年に不動産業者兼水道組合長がB組合を放棄。水が出ないと生活できないため、現在、有志の組合員が無償で管理対応中。ちなみにA部落は現在、市の防災基地にも指定されているエリアである。

(請願の内容)
B水道組合内を段階的に市の水道局側へ統合してほしい。つまり給水域を段階的に拡張していただきたい。実際、給水限界圧をクリアしている区域もあり、戸数が増えてきた今、限界域の見直し、さらには若干の設備を組合側で投資することも勘案し、段階的に給水域を拡張していくことは防災基地の観点からも誤った方向ではないのではないか。

(請願の理由と補足説明)
市に対して、「現状のB組合をすべて市に統合してほしい」(水道法6条2項に基づき原則市が運営すべき)との依頼をしたが、一部私道を通る水道管の存在や漏洩個所の存在などを理由に拒否されている。従って、すべてを即時移管するのではなく、移管可能(市側が受け入れ可能)な範囲を順次移管していくというお願いをしたい。
市からは「組合の問題」と片付けられているが、組合員数が40世帯以上ともなると、金銭のかかる設備投資については意見を纏めることが極めて困難。よって、全世帯が共倒れする前に設備費用面で市側と組合側との折衷を図りながらA部落内で段階的に健全な区域を増やしていく必要があると考えた。

ついては以下教示頂きたい。
Q1. このような請願は合理か否か?本来、水道などの公共性のあるものは、極力市町村などが運営すべきではないか?(水道法6条との関連)
Q2. 本分野の専門弁護士はいらっしゃいますか?
Q3. 市側の理解を得るためのポイントは何か?


2016年05月16日 10時52分

みんなの回答

村上 誠
村上 誠 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都4
ベストアンサー
ありがとう
Q1. このような請願は合理か否か?本来、水道などの公共性のあるものは、極力市町村などが運営すべきではないか?(水道法6条との関連)

合理的かどうかは、置くとしても、請願としては、違法とされる理由はないと思います。

Q2. 本分野の専門弁護士はいらっしゃいますか?

いるかも知れませんが、特殊な分野ですので、それを標榜している弁護士はいないと思います。

Q3. 市側の理解を得るためのポイントは何か?

実情を示して、このままでは、不合理・不都合であることをアピールすることではないか、と思います。

2016年05月29日 19時52分

この投稿は、2016年05月16日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 中古住宅

    先月、広告を見て中古住宅を購入したのですが、広告に、排水(個別浄化槽)現地案内で不動産業者店長が宅内に公共下水道引き込み済みだが、排水は合併浄化槽と説明を受け購入したのですが、生活排水は道路側溝に流れており、トイレだけが浄化槽でした。この場合は、瑕疵担保責任として損害賠償請求できるのでしょうか。

  • 当方境界に接する隣地の雨水排水管埋設工事

     お世話になります。  2週間前から当方敷地(甲土地)の隣地(乙土地)で事前説明もなく、住宅建築が始まりました。現場でその不動産業者と立ち話したところ、新住宅のための雨水排水管を当方敷地と市道の境界に沿って埋設し、公共排水枡にまで接続する工事をするとの話を聞きました。  具体的には、以下のようなものとのことで...

  • 給水設備付き不動産の 給水契約解除に伴う、所有地内 配管撤去費用負担について (不動産会社/所有者)

    1.不動産会社より、給水設備(年間使用料支払契約)付き別荘地を購入して、住宅建設の上、20年住んでいます。 2.給水は、地下水(ポンプ汲み上げ方式)であり、20年経過した為か、水質劣化、及び、消火栓無し(=消防法上、問題有り)との事で、希望者は町水道に切り替えることになりました。 3.不動産会社からは、先方が敷設した町道地...

  • 土地の高さ。glの設定ミス(北側奥の道路高さに設定すべき?

    建築基準法の解釈について教えていただけますでしょうか。 『第2章「建築物の敷地、構造及び建築設備」の第十九条に「建築物の敷地は、これに接する道路の境より高くなければならず、建築物の地盤面は、これに接する周囲の土地より高くなければならない。 ただし、敷地内の排水に支障がない場合又は建築物の用途により防湿の必要がな...

  • 土地の権利などについて

    お世話になります。北海道在住で、相続した横浜の土地に共同住宅を建築しています。融資が実行され、工事が着工された途端、トラブルが発生しました。建設敷地内に隣の工場よりの雨水配管が横断しており、施工した杭工事(地盤改良)により破損させてしまったことが判明しました。ハウスメーカーの話では、届出はなく、当方も許可したこ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

税務訴訟・行政事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

税務訴訟・行政事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。