1. 弁護士ドットコム
  2. 行政事件
  3. 自治体が、職員の不祥事に対して処分を行わなかったことが国家賠償責任に問われた事例は存在する?

公開日:

自治体が、職員の不祥事に対して処分を行わなかったことが国家賠償責任に問われた事例は存在する?

2016年04月24日
自治体が、職員の不祥事に対して当該職員を庇うなどして、処分を行わなかったことが国家賠償責任に問われた事例は存在しますか?
相談者(445734)の相談

みんなの回答

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県7
ありがとう
> 自治体が、職員の不祥事に対して当該職員を庇うなどして、処分を行わなかったことが国家賠償責任に問われた事例は存在しますか?
探したてみましたが、今のところ、見当たりません。
処分しない不作為により損害が発生するのか疑問です。

2016年04月24日 22時04分

相談者(445734)
疑問とのことですが、理論上も考えにくいのでしょうか?

2016年04月24日 23時39分

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県7
ありがとう
不祥事そのものによる損害があれば、賠償されます。
懲戒しないというのは、その職員が将来に繰り返すリスクがあるということはあっても、損害自体はいまだ発生していないことは間違いないので、理論的にあり得ないと思料します。

2016年04月24日 23時55分

この投稿は、2016年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

ふるさと納税訴訟で泉佐野市勝訴 地方分権の勝利なのに、「居心地の悪さ」が存在する理由<関西大学・木谷晋市教授寄稿>

ふるさと納税制度の指定から除外された大阪府泉佐野市は、この取り消しを求めた訴訟で、大阪高裁では敗訴していたが、6月30日、最高裁は敗訴判決を破棄...

不条理と戦う弁護士が駆け抜けた9年間の成果とこれから 升永英俊弁護士ロングインタビュー

升永英俊弁護士(TMI総合法律事務所パートナー)の経歴は青色発光ダイオード200億円職務発明事件(原告 中村修二教授〈ノーベル物理学賞受賞者〉)(東...

日本一の法曹養成家が掲げる司法界の「多様性」 伊藤真氏ロングインタビュー

司法試験合格者の70%以上を輩出する受験指導校の塾長である伊藤真弁護士。憲法の理念を実現する活動や憲法訴訟の従事するほか、複数の組織の経営者とし...

バブルの寵児は憧れた正義の味方に 河合弘之弁護士ロングインタビュー

おもしろいこと、派手なことが好きで、目立ちたがり屋。弁護士・河合弘之氏は自らをそう評する。「ダグラス・グラマン事件」「平和相互銀行事件」「イ...

物損事故から人身事故に切り替えられたら刑事責任を問われる?

物損事故として処理されていたのに、後から被害者が人身事故に切り替えた場合、加害者は刑事責任を問われて前科がつくのでしょうか。このような疑問に...

この相談に近い法律相談

  • 国家賠償法上の他人とは

    国家賠償法第一条  国又は公共団体の公権力の行使に当る公務員が、その職務を行うについて、故意又は過失によつて違法に他人に損害を加えたときは、国又は公共団体が、これを賠償する責に任ずる。 とありますが、条文の中の 他人 には当該地方公共団体の職員や議員も該当するのでしょうか

  • 国家賠償、国又は公共団体が当該公務員に対して賠償を求めることができる基準とは?

    国家賠償について、国又は公共団体が当該公務員に対して賠償を求めることができるとされる「故意又は重大な過失があつた」と判断する基準とはどのようなものなのでしょう? また、その判断は国又は公共団体側が独自に行って良いのでしょうか? 他、請求金額については賠償金額の全額でなくとも良いのでしょうか? 国家賠償法 第一...

  • 自治体が財政破たんした場合、首長や歴代の首長、議員に対し国家賠償責任は認められうる?

     自治体が財政破たんし、今まで当該自治体が供給していた行政サービスが低下することになった場合、住民等が、そのような自治体運営を長年行っていた責任として、首長や歴代の首長、議員の国家賠償責任を追求することは可能でしょうか?  条文を読む限り、いきなり、個々の首長や議員を訴えることはできないようですが、「公共団体は...

  • パワハラによる損害賠償責任対象者

    職場で部下を長年叱責して精神疾患にさせてしまいました。いじめやパワハラで訴えられたら、損害賠償請求は自分にかかってきますか。それとも職場である所属にあるのですか。慰謝料などの対象となるのは休業期間の所得や治療費になるのですか。

  • 国の損失補償、精神的損失に対する補償が存在しないのは何故?

    国の損失補償に精神的損失に対する補償が存在しないのはなぜなのでしょうか?

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

税務訴訟・行政事件に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

行政事件の法律ガイド

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

税務訴訟・行政事件の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。