一時保護法について(児童福祉法でしょうか)

公開日: 相談日:2016年03月16日
  • 1弁護士
  • 1回答

家裁審判では殆ど児相側の訴えを認めている判決ばかりで、裁判に中立性があるのか疑問を持たざるをえませんが、

①児相に一時保護中は、子供が嘘をついての勝手な外出や、異性とのデート、友人などとの通信、手紙のやりとりは児童保護法において、違反になってますか?

②違反している場合、一時保護は解除になったり、児相への罰則規定はないんですか。
福祉法何条になるのでしょうか。

③家裁での審判中だと、施設措置判定に影響はないんでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。


434531さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都3位
    タッチして回答を見る

    ①について 児童福祉法は、施設職員等が保護児童に対し、暴行を加えたり、わいせつな行為をしたり、心身の正常な発達を妨げるような著しい減食や長時間の放置をしたり、著しい心理的外傷を与える言動を行うことなどにより、心身に有害な影響を及ぼす行為をすることを禁止していますが(33条の10~11)、「子供が嘘をついての勝手な外出や、異性とのデート、友人などとの通信、手紙のやりとり」などをさせてはならないとは、特段、規定してはいません。
    なお、青少年保護条例には、「保護者及び青少年の育成にかかわる者(以下「保護者等」という。)は、異性との交友が相互の豊かな人格のかん養に資することを伝えるため並びに青少年が男女の性の特性に配慮し、安易な性行動により、自己及び他人の尊厳を傷つけ、若しくは心身の健康を損ね、調和の取れた人間形成が阻害され、又は自ら対処できない責任を負うことのないよう、慎重な行動をとることを促すため、青少年に対する啓発及び教育に努めるとともに、これらに反する社会的風潮を改めるように努めなければならない。」「保護者等は、青少年のうち特に心身の変化が著しく、かつ、人格が形成途上である者に対しては、性行動について特に慎重であるよう配慮を促すように努めなければならない。」というような規定があり(東京都青少年健全育成条例18条の3)、児童相談所の職員等にも、これらの義務は課されているとは思います。

    ②について 児童相談所の職員に対し、「子供が嘘をついての勝手な外出や、異性とのデート、友人などとの通信、手紙のやりとり」をさせることを禁止したり、罰則を科する規定は設けられていませんし、仮に児童相談所の職員が上の青少年保護条例違反をしたとしても、その条例違反について罰則規定は設けられていません。

    ③について 児童相談所の保護児童に対する監督が不適切であるとしても、そのことと、施設措置の要否とは別の問題であるとされる可能性が高く、そうであると、家裁での施設措置判定に影響するとは言えないのではないか、と思います。

この投稿は、2016年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す