「家族の名誉のために」どうしたら、元にもどれるでしょうか?

公務員です。懲戒処分を平成7年に「役職降格」「休職」処分を受けました。
いまだに、処分させたままの状態です。
処分理由も、半分は嘘で固められた内容で、マスコミ発表をされました(刑法○○条違反とか)
実際は、検察庁にも呼ばれたこともなく、当然裁判にもかけられた訳ではありません。
どうしたら、元にもどれるでしょうか?
また、元に戻るには、昇任試験を受けなければ戻れないのでしょうか?
ちなみに、昇任試験は、22年前に合格しています。
2015年07月04日 16時45分

みんなの回答

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府3
ありがとう
どうしたら、元にもどれるでしょうか? また、元に戻るには、昇任試験を受けなければ戻れないのでしょうか?

 「半分は嘘で固められた内容で、マスコミ発表をされました(刑法○○条違反とか)実際は、検察庁にも呼ばれたこともなく、当然裁判にもかけられた訳ではありません。」ということであれば、当時に人事委員会又は公平委員会に対して、行政不服審査法による不服申立て(審査請求又は異議申立て)を行うことをすべきでした。処分があったことを知った日の翌日から起算して60日以内にしなければならず、処分があつた日の翌日から起算して1年を経過したときは、することができないとされています(地方公務員法第49条の3)。
 現在行うとしたら、事実上汚名をはらすように自分はそのような人物ではないことを真地面に仕事をし私的生活面でも清く正しい状態を保って行くしかないように思います。

2015年07月05日 06時15分

相談者
行政不服審査法による不服申立て(審査請求又は異議申立て)を行うことをすべきでした。処分があったことを知った日の翌日から起算して60日以内にしなければならず、処分があつた日の翌日から起算して1年を経過したときは、することができないとされています(地方公務員法第49条の3)と書き込みがありましたが、以前処分されたときに、上記のことをしました。行政裁判もしましたが、敗訴となりました。遠い昔のことですが。
それからの職場からの待遇は、人権なんて考えられるものではありませんでした。
例えば、私だけロッカーがない。机がない。公用車の使用禁止。私用車の運転禁止等々。本当に家族にも申し訳ない気持ちでした。現在は机、ロッカーはありますが、降格人事のまま、給与も下げられたままです。当然公用車の使用等は禁止等々あります。
何よりも、なぜこのような処置がされているのか、直属の所属長に聞いてもわからないと回答されるのみです。

2015年07月05日 06時46分

相談者
それと、階級を昇任するには、以前合格した昇任試験をもう一度受験しなくてはならないのかが知りたいのです。
よろしくお願いします。

2015年07月05日 17時46分

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府3
ありがとう
それからの職場からの待遇は、人権なんて考えられるものではありませんでした。例えば、私だけロッカーがない。机がない。公用車の使用禁止。私用車の運転禁止等々。本当に家族にも申し訳ない気持ちでした。現在は机、ロッカーはありますが、降格人事のまま、給与も下げられたままです。当然公用車の使用等は禁止等々あります。

 一種のパワハラでしょう。国家公務員の場合、人事院、地方公務員の場合、人事委員会に苦情をいうことになります。

階級を昇任するには、以前合格した昇任試験をもう一度受験しなくてはならないのか

 おそらくそうだと思われます。

2015年07月05日 18時11分

この投稿は、2015年07月04日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 親が後見人に選任されることについて及び後見開始に対する即時抗告について

    健康な両親(父:74歳(現職 行政書士 高校教諭で定年退職(専門 数学)、母:70歳(無職))が、後遺障害等級2級の長男(30歳)のため(その他 妹2名 外国在住)、両親が両親を後見人とする選任の申立を検討しています。そこで先生方に以下にご質問がございます。よろしくお願い致します。 1 高齢の両親が後見人に選任...

  • 地方公務員の退職願不受理について

    JICAの海外ボランティアに役所を退職をして参加しようとしている地方公務員です。 昨年秋にボランティア募集に応募して合格となり、来月10日から派遣前訓練が始まって、9月末頃に出国予定です。そこで、訓練参加前に退職(退職参加の場合は、訓練開始前に退職するようJICAから要請されている。)すべく「退職願」を提出したので...

  • 自衛官(懲戒処分者)の再任用

    状況:私の友人は自衛官ですが、7年前に停職40日を受けました。その後、彼の職種が変わり陸上勤務になりました。彼の勤務成績はよく、定年を迎えるにあたり再任用を申請したところ、却下されたそうです。処分された事案は今の職務には全く関係するものではありません。しかし却下理由が懲戒処分を受けたことだったと聞きました。 質...

  • 定期昇給で一部分しか昇給させないという不当な扱いを受けました。撤回させ、全額昇給させるには?

    勤続25年の地方公務員です。毎年1月1日に定期昇給していましたが、今回一部分しか定期昇給をさせないという不当な扱いを受けました。理由も説明されず、通知が置いてあったので、人事課へ説明を求めましたが、総合的な判断というばかりで的確な回答が得られません。不当な扱いを撤回させるにはどうしたら良いでしょうか? これまで...

  • 公務員に対する名誉棄損(230条2第3項)と「時効」の関係

    役所内で訓告処分を受けました。中堅の課長クラスです。選挙で選ばれた人間ではありませんが公益に掛かる権限は多少あります。5年以上の前の軽微な職務違反です。仮に法律上の最大罰を課そうとしても時効となっています。先日、私怨を持った攻撃者に所属、氏名、訓告事案の詳細をネットに晒されました。公務員の場合、真実であれば「時...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

税務訴訟・行政事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

税務訴訟・行政事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。