ご当地アイドルユニットの事務局による強制的な脱退命令について。

公開日: 相談日:2021年06月08日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
私の子供が在住する市の、町お越しご当地アイドルユニットに所属しています。スポンサーは付いていますが、メンバー個人個人は報酬を得ておらず、実質ボランティアです。
ユニットの事務局は市議会議員が担当しています。数日前に何の打ち合わせもなく事務局より、今後の活動にあたり自分に謝礼金を払いなさいとの連絡がLINEでありました。一部のメンバーを除き、反対をしたところ、反対者は全員に脱退命令の連絡がLINEでありました。運営資金が足りない為の謝礼金との話もありますが、本ユニットにはスポンサーが付いており、また事務局に会計係がいるにも関わらず、一度も収支報告をされたことがありません。お金の使われ方が不透明な上に、謝礼金を拒否したことによる脱退命令は到底納得できず、相談させていだだきました。毎年更新の際に記入する確認書には、メンバーは事務局に意見を述べることが出来るとの文言が記載されていますが、謝礼金についてメンバーで相談のうえ、従えない旨を伝えたところ、このようなことになりました。

【質問1】
町お越しの為にボランティア活動をしているアイドルユニットに、市議会議員が謝礼を求めて良いのでしょうか。

【質問2】
事務局が、メンバーと何の打ち合わせもなく、LINE一つでメンバーの意思に反して脱退させて良いのでしょうか。

【質問3】
事務局には会計を置くとの旨が確認書に記載されていますが、メンバーに収支報告されないことは問題ないのでしょうか。

【質問4】
現在の事務局の前の担当者は、スポンサーより子供達に頂いた個人的なお年玉を全て回収し、何に使ったか不明なのですが、問題ないのでしょうか。

1033999さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 相談者 1033999さん

    タッチして回答を見る

    子供達の中には精神バランスを崩している子もいます。事務局に慰謝料は請求できますか。

  • 相談者 1033999さん

    タッチして回答を見る

    グループを脱退した後も、肖像権は事務局に帰属すると確認書に記載があるのですが、合法ですか。

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    お困りのことと思います。

    事実関係に不明瞭な点が多く概括的にはなりますが、ご回答致します。

    >町お越しの為にボランティア活動をしているアイドルユニットに、市議会議員が謝礼を求めて良いのでしょうか。

    →良くないでしょう。

    相手方も具体的内容も定かではありませんが、お子様と誰かの間の「契約」関係であることは間違いなく、相手方が一方的に契約内容を変更することはできません。
    ご相談のケースでは、相手方がお子様側に金銭支払を求める事前の「合意」がない以上、金銭を請求する根拠がないでしょう。


    >事務局が、メンバーの意思に反して脱退させて良いのでしょうか。

    →脱退は「契約の解除」を意味しますが、お子様側に契約違反があるなど、解除の理由が必要です。
    ご相談のケースでは、謝礼金の支払いを求める法的根拠が乏しく、お子様の債務不履行とならず、解除の理由がないと考えるのが自然でしょう。


    >事務局には会計を置くとの旨が確認書に記載されています
    >メンバーに収支報告されないことは問題ないのでしょうか。

    →メンバーが、当然に収支報告を求めることができるわけではないでしょう。


    >事務局の前の担当者
    >スポンサーより子供達に頂いた個人的なお年玉を全て回収

    →個人的なお年玉は、スポンサーからお子様に「贈与」されたと考えられ、回収する理由はないと思います。


    >事務局に慰謝料は請求できますか。

    →事務局個人というより契約の相手方に対してということになるでしょうが、通院が必要になったなどの事情があり、その理由が明らかに理由のない契約解除の主張等にあるとまでいえれば、慰謝料請求ということもあり得るでしょう。


    >グループを脱退した後も、肖像権は事務局に帰属すると確認書に記載があるのですが、合法ですか

    →基本的には有効(合法)ですが、お子様の「人格的利益」を侵害するような不自然な利用方法がなされた場合は、別途損害賠償請求や、利用の差し止めをすることが可能でしょう。


    事務局側の対応は、自治体が関与しているにしては非常に乱暴に思えますので、加入の経緯や、確認書などの具体的資料をもって弁護士に相談することもご検討下さい。

    ご参考になれば幸いです。

この投稿は、2021年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す